FEATURE特集

その一台でマルチな使い方を可能とする、おすすめの”グラベルロード”

【ロードバイク・シクロクロス・グラベル・クロスバイク 等 初心者の方もお任せください】

京都市内で営業しております

サイクルショップEIRIN丸太町店 & サイクルハテナ 」です。



各大手メーカーがここ数年で積極的にラインナップに加え、急速に知名度をあげた、「グラベルロード」、「アドベンチャーロード」といったサイクルスポーツにおけるNEWカテゴリー。

ドロップハンドルを基本採用としロードバイクの”如何に軽く・速く・遠くまで走れるか?”という明確な長所を持ちながら、クロスバイクやMTBのように30mm~50mmなどの太いタイヤの装着が可能。

そして近年では米国ブランドWTB社の発案する「650Bx47Cロードプラス」タイヤを基本採用するモデルも増えており、

舗装路における軽快な走行性能はもちろん、林道や砂利道へのアプローチ、またバイクパッキングやパニアバッグに荷物を積んでのツーリングなど、通常のロードバイクに比べ、その一台でよりワイドかつリベラル(自由主義)な使い方が出来るという理由に、昨今大変注目度が上がっております。


~~グラベルロード関連の当店ブログはコチラ~~


当ショップではそういった昨今の流れが始まる更に以前より、スタッフ並びにご利用いただいているお客様の多くが使用するメインバイクの大半がシクロクロスを始めとしたそういった太いタイヤの装着が可能なロードであった過去もあり、

必然と長きに渡ってそういう車種をおすすめしてきた背景がある中、更にユーザー様に提案したいラインナップの幅が増えた事は単純に興味深くあり、

またシクロクロスに似た規格/性質を持ちながらも、ファンライドや普段のサイクリングなどをメインとした使い方にとって、さらに適したカテゴリーが生まれた事は喜大変ばしいところであります。


【 グラベル 系バイク “2019モデル” 】当店取り扱いラインナップ総まとめブログはコチラ


”グラベルロードの説明 / WHAT’S GRAVEL ROAD?”

【はじめに】

「グラベルロード/GRAVELROAD」のグラベル/GRAVELとは砂利道の意。所謂「砂利道でも走れるロード」ということでしょう。

国土の狭い日本国内では中々にイメージし難い事ではあるのですが、アメリカなど海外では何十~何百キロ~と続く舗装されていない砂利道、ジープロードが続く道が多く存在し、アスファルト~そういった砂利道を含めた”ツーリング文化”が我々より更に身近にある背景があります。

スポーツサイクル創世記から始まるツーリングにおける今までの知識・経験に加え、剛性・軽量に伴う最先端のフレーム・パーツテクノロジーが落とし込まれた、ある種進化したツーリングカテゴリーといえましょうか。

個人的にはロードバイク、シクロクロス、MTB、クロスバイクと各ジャンルが更に細分化されつつある中、そのマルチな使い方を可能とする特性は、スポーツサイクルの楽しみ方をもう一度原点回帰させたかのようなジャンルのように思えます。


【規格/機能性~使い方】

●長距離とスピードに適したドロップハンドルを採用。

●通常のロードレーサーよりもやや高めのハンドル位置でアップライトなポジショニングが可能。

●アスファルト走行における軽快性を確保しつつ、ロードバイクより太目のタイヤを採用し、舗装路だけに問わず林道など荒れた道へのアプローチも可能。

●ホイールベースを広く、BBドロップを低くしたジオメトリーを採用し、車体がふらつき難い安定性、高速巡行性を併せ持ち、快適性高いフレーム設計。

●殆どのモデルが、雨天走行においても制動力が落ち難い、安定したストッピングパワーを持つディスクブレーキを採用。

↓↓↓

ロードバイクの加速性高い基本設計と、ワイドな幅のタイヤが装着/ふらつき難い車体安定性を併せ持ち、

ロードバイクのような軽快さを持ちながら、ツーリングバイクのような安定感とタフネスさ、そして安全性を併せもつ、通勤・通学の街乗り~普段のサイクリング~1WEEKツーリング、林道へのアプローチまで、その一台であらゆるマルチな使い方に対応する ”万能型ロードバイク”

であります。


【シクロクロスとの違い】

太目のタイヤの装着可能なロードバイクといえばシクロクロスが思い浮かびますが、より普段使いに適している理由を紐解くにおいて重要になってくるのがジオメトリー。

上記表は、装着タイヤ幅がほぼ同じのグラベルロード(RLT9)とシクロクロス(BSB9)の二種をラインナップする数少ないブランド、NINERBIKES(*2017モデル時)のもの。

その数値を比べてみればお分かりいただけるかと思いますが、

●チェーンステー長⇒RLT9:435mm BSB9:425mm

●BBドロップ⇒RLT9:75mm BSB9:68mm

●ヘッド角⇒RLT9:71.0 BSB9:71.5

*53㎝サイズで比較

と、シクロクロスよりグラベルロードのほうが、低重心な乗車を可能とし、減速しにくい長距離走行/安定性に優れた設計となっております。

現時点では、各メーカーによって装着可能なタイヤ幅や規格がまちまちでありますので、ドロップハンドルを採用している事とシクロクロスにも似たロードより太目のタイヤの装着が可能という事以外に、確実にコレという定義づけが出来ない実情がありますが、

◎低スピードからの加速性を重視したシクロクロス(あくまでもレースよりに作られた)よりも、巡行性、安定性、快適性といったツーリングに適した設計

にあるという事でしょう。

また、そこにあくまでも新しいカテゴリーであるというエッセンスにおいて、

◎ツーリングに寄り過ぎずあくまでもロードバイクの軽快性を併せ持っている

という事が現時点で伺えます。


【グラベルロードの選び方】

前述にもありますが、各メーカーによってグラベル=砂利/林道というキーワードを提案している各モデルにおける規格は実にバラバラであります。

あくまでもグラベル=砂利/林道をも走れる走破性を持つ事は共通として、よりロードに近い特性を持つものはグラベルロード、よりタフな走りを可能とするもの(40c~50c程のタイヤ装着可能)はアドベンチャーロードなどと呼ばれる事もあります。

現時点でどのようなグラベルバイクを選ぶか?は、各モデルがもつ装着可能のタイヤ幅をチェックしましょう。

⇒30c程までのタイヤクリアランスであれば、ロードバイクに近い加速性を持ち、殆どが舗装路/アスファルトを軽快に走行する事をメインとした使い方で、時にはよく慣れた林道/砂利道までアプローチ。

⇒45c程までのタイヤクリアランスであれば、ロードバイクの特性である低速からの加速性能はほどほどに、沢山の荷物を積載した長距離ツーリングや、山岳トレイルライドにもアプローチ出来る更にワイドな使い方。

といったように、自身が使いたいロケーション/それに対する使用頻度・自身が思う重要度を照らし合わせる事が最適でしょう。

個人的にはやはり海外でいうところのグラベルロードと、日本で思うところのグラベルロードでは解釈が若干違うように思います。

所謂日本でのグラベルライドと言えば石の小さい”砂利道”ではなくある程度大きな石も転がる”林道”がメイン。

そうなるとやはり40Cぐらいのタイヤ幅が装着できるもモデルのほうが日本国内においては使い勝手良いように思いますね。


【当店オススメのグラベルロードバイク】

~グラベル/アドベンチャー/ディスク/オールロード/ロードプラス/シクロクロス 2019モデルまとめ ~


BREEZER BIKES/ブリーザー INVERSION (インバージョン)シリーズ

世界初のMTBを制作したジョーブリーズのブランド”BREEZER”(特集ページはコチラ)のラインナップの中でも最もロードバイクの要素を色濃く残す本モデル。日本製クロモリパイプを使用したオリジナル「D’FUSION TUBING」を採用しチールフレームが持つしなやかな乗り味と剛性面を絶妙なバランスで兼ね備えております。

⇒INVERSIONに関する 詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ

同ブランドが持つ他ラインナップ、29x2.1インチタイヤOKな、「RADAR(レイダー)」、2019年度業界に本格的に参入してきた650Bx47Cロードプラスタイヤ規格を採用した「DOPPLER(ドップラー)」

そのラインナップのほとんどがグラベル~ツーリングに精通するBREEZER(ブリーザー)関連ブログはコチラ

【【【WEB STOREはコチラ】】】


KONA/コナ ROVE ST(ローブ)シリーズ

高級スチール「RENOLDS853」+フルカーボンフォークをベースとした”LTD”、アルミフレーム+フルカーボンフォーク採用の”NRB”、フルクロモリの”ST”*画像。そしてアルミフレーム採用の”ROVE”と、コナというブランドキャラクターも後押ししてか、マスプロブランドの中でもグラベルバイクカテゴリーにおいて高い人気を誇るROVEシリーズ。そのほとんどがタイヤ外径700x28Cとほぼ同径ならがも圧倒的なエアボリュームから乗り心地の良さ、悪路へのアプローチを可能とする650Bロードプラス規格を採用

⇒ROVEシリーズに関する 詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ

その他にも29×2.2タイヤOKなアドベンチャーシリーズSUTRAシリーズや、北米チャンピオンを輩出したシクロクロスモデルJAKEなどをラインナップする、当店きってのおすすめブランドです。

KONA(コナ)関連ブログはコチラ

【【【WEB STOREはコチラ】】】


JAMIS/ジェイミス RENEGADE(レネゲード)シリーズ

装着可能最大タイヤ幅:40Cをもち、荷物を積載し林道をふまえたアドベンチャーツーリングにもオススメ。ミドルグレードからは走りの軽快性と荷物の積載をスマートに行えるサイドにダボ穴を配置したテーパヘッド規格のフルカーボンフォークを採用。殆どのモデルがサイズ44(身長145cm~)から61(身長188cm~)とマスプロらしからぬワイドなサイズ設定も魅力的。またフレームサイズ差による乗り味の変化を最小限にするSSDシステムを搭載したり、フレームサイズ44,48には650Bホイールを採用したり、他社にはない拘りを見せます。

⇒RENEGADEに関する 詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ

JAMIS(ジェイミス)全般関連ブログはコチラ

【【【WEB STOREはコチラ】】】


FUJI/フジ JARI(ジャリ)シリーズ

非常に評価高いチタン配合の軽量アルミフレームにフルカーボンフォークを採用。

ロードバイクのように軽くハイパワーな走行フィーリングを持ちつつも、装着可能最大タイヤ幅:45cという事で、林道やグラベルからアドベンチャーライドにもアプローチが可能。

普段走る道のほとんどがアスファルトという方にとっては、非常にバランスのよい一台です。

⇒JARIに関する 詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ


GT/ジーティ GRADE(グレード)シリーズ

大手ブランドの中では業界でもいち早くカーボンフレームモデル~アルミフレームモデル、コンポーネント別と、10万以下のモデルから大幅にラインナップした予算に応じたチョイスが可能。むしろドロップハンドル採用モデルはブランド内ラインナップ中GRADEシリーズのみとし、ブランドのグラベルロードに対する意気込みを感じます。装着可能最大タイヤ幅:35C

⇒GRADEに関する詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ

【【【WEB STOREはコチラ】】】


FELT/フェルト BROAM(ブローム) シリーズ

ブランドがもつロードバイクカテゴリーにおけるエンデュランス(長距離)モデル”Zシリーズ”からタイヤ幅マックス35CまでOKな”VRシリーズ”と変化し、そして2019年度からは最大タイヤ幅45CまでOKなBROAMが登場しました。他ブランドよりも数年遅れてデビューした本シリーズ。その遅れた分圧倒的に高いコストパフォーマンスを実現しております。そして何よりその走行安定性能は抜群です。

⇒FELT BROAMに関する 詳しい説明/インプレなど当店ブログはコチラ

【【【WEB STOREはコチラ】】】


GIANT/ジャイアント  REVOLT(リボルト)

舗装・グラベル(砂利)・ダート、長距離~1DAYツーリングなど様々なシーンにバランス良く対応。

高いコストパフォーマンスは流石!世界NO1ブランド「ジャイアント」。

カーボン製+最新技術をフル投入しフルモデルチェンジを果たしたした、”リアル・グラベルレーサー”です。

インプレはコチラ


~~グラベルロード関連の当店BLOGはコチラ~~


 



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

 

 

  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)