BLOGブログ

今最もクールなバイクイベント「GRINDURO /グラインデューロ」の前座イベント【 MADURO!/ マッデューロ!】 に参加してきました!!自転車・食・ライブ等大満足の内容でした!!

2021.06.27 2021モデル , BLOG , グラベルロード , サイクリングレポート , シングル / ピストバイク

これは大変貴重な体験でした!!

世界六か国で開催される、いま最もクールなバイクイベント〈GRINDURO〉の前座イベントMADURO!に行ってきました。

〈GRINDURO〉はGravelとEnduroを掛け合わせて 〈MADURO〉は開催地の信越エリアの斑尾=Madaraoと、Enduro そしてその中身とは、grinduroの原点的なイベント
自転車好きがジャンルに関係なく、ライドだけではなくアフターライドも一緒に楽しむこと。 思いっきりグラベルを走り、色々なスタイルのSS(ロード乗りに有利だったりMTB 的だったり・・・)でタイム計測したりさらには アフターライドパーティー 生バンドのライブイベント、キャンプ 自転車に関わる人が自由に垣根を超えて楽しむ

がコンセプトであります。

今回のMADURO開催にあたりコロナ問題もあり一旦は延期とされましたが無事開催していただき運営の皆様、地元の皆様大変ありがとうございました!!

グラインデューロホームページ


今回は左右田(CUTTHROAT)、高田(STORMCHASER)のSALSAコンビで参加してきました!

我々も長野と言えばサイクリングイベントで何度もお邪魔させてもらっていますが、毎度自然のスケールのデカさ美しさに驚かされ、羨み帰るころにはまだ居たい!、またすぐ来たいと思わせてくれる大変魅力的な土地です。

2019年のGRINDURO JAPAN(台風上陸中でこれまたインパクトを残した)の写真を見たり、話しを聞いたりしましたがいつかは参加したいと切に思っておりました!

今回のMADUROも同じくガチガチのレースイベントでもなく景色を楽しみ写真を撮りながらタイム計測区間など頑張るところは頑張り皆で励まし合ったり結果でわいわい盛り上がったりと非常にピースな雰囲気でした!

サイクリングをし、美味しものを食べサイクリング後もライブやディナーやおしゃべりをしたりする自転車で遊ぶが詰まったイベントで大満足です!

長野県北部と新潟県にまたがる信越エリアは、2つの国立公園、雄大な流れの千曲川や点在する湖沼に囲まれ、 冬には世界有数の豪雪地となる。

日本らしい自然豊かな山岳エリアとなっており、森の中のシングルトラック、林道や峠道、田園風景の広がるグラベルロードまで日本特有の空気感を感じることのできる場所。 ここのエリアに入って感じるのは、実に人が暖かい。 そして多くの温泉、守り続けられる伝統産業、クラフト、稲作、ローカル特有の食文化、酒蔵が点在するなど、 自然からの恵み受けそこに敬意を払いつつも楽しんで生きる人々のカルチャーを感じることができる場所だ。

フルのコースは約70km(前半35km,後半35km)、獲得標高2000m。

前半はしっかり完走出来ましたが、後半は自分がスタートした時間も遅かったのと体力不足でショートカットコースでした。これが悔しくすぐにでもリベンジしたい!

登りも下りもありの長いグラベル区間、マウンテンバイクで走ったら絶対楽しいだろうなというトレイル、市街地や飯山城址(タイムアタックポイントでした)等が織り交ざった京都でもなかなか味わえないロケーション満点!

特にシングルトラックや長いグラベル下り区間は最高!ただやはり下る=その分登るという事ですよね。

グラベルの登りもあり舗装路の登りもありこれが結構ハードなポイントでした。

途中で足をつり休憩しながらおしゃべり。これも勿論あり。

いい景色が疲れを和らげてくれます。

全員がフルのコースを走りきれたのではなくそれなりの走力が必要。だけどちゃんとショートカットが用意されていたので走り切った感は味わえるのはありがたいポイントです。

左右田は第一タイムアタックは年代別3位と健闘!

後半戦の第二タイムアタックは時間が間に合わずショートカットでパスで最終結果はDNF。

もしかしたら入賞のチャンスもあったのかな…とかヘロヘロになりながら思っておりました。笑

朝食、ランチ、ディナーと食事もこのイベントの魅力であり地元の食材を使た料理が振舞われました!

バンドライブを見ながらのディナーはこのように豪華モリモリ!食べきれるかなとか思いましたが頑張って走りカロリー消費した後だったので難なく完食。ごちそうさまでした!

第一計測が終わった後のAIDステーションでも地元の謙信笹寿司やお菓子が振舞われました!!

皆で楽しく走った後に美味しいご飯を食べながら走り終わった後の興奮や疲れたー、おいしい!など共有できるのがより一層思い出深い物にさせてくれます!

いつもお世話になっているRawlow Mountain Worksさんのお二方も楽しでおられました!!

今回のマッデューロ、参加前からワクワクソワソワしていましたが、期待を裏切らない大満足なイベントでした!!

イベントを楽しむマインドをもった人たちが集まって最高のロケーションに集まってワー!キャーはじけ、おいしい物を食べコミュニケーション出来る機会は他には無いです。最高です。

70kmのフルコースは走れなかったのが悔しいですがMADUROというイベントはいろいろな楽しみ方があったと思います。僕のMADUROは堪能できました!

11月の本戦も出たい!


【 MADURO!/ マッデューロ!】で走ったスタッフバイク

左右田

【SALSA CYCLES / サルサ サイクルズ 2021モデル】CUTTHROAT APEX1(カットスロート アペックス 1)完成車

高田

【SALSA CYCLES / サルサ サイクルズ 2021モデル 】 STORMCHASER(ストームチェイサー)






【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しております「サイクルショップeirin丸太町店」&「サイクルハテナ(別館)」はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    修理専用ダイアル
    075-708-3922
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月〜日
    12:00~20:00
    定休日
    水曜日

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)