BLOGブログ

【 OMM / Original Mountain Marathon 】LITE/BIKE at HAKUBA (白馬) 2021! 熱すぎるイベントに サイクルハテナ&finetrackチームで参加してきました!

2021.07.21 BLOG , eirin丸太町店 , GROWN BIKE (グロウンバイク) , イベント , キャンプツーリング , サイクリングレポート , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

 

今回も参加してきました、OMMBIKE/LITE HAKUBA!

2日間通して快晴に恵まれた今回のイベント。山に川に田園風景にとただでさえ美しい白馬の自然もピーカン照りの天気で更に色鮮やかでしたよ~

※OMMBIKE/LITEについて詳しくは過去のレポートもご覧ください!

【 OMM / Original Mountain Marathon 】~ LITE/BIKE 2020 at 白馬 小谷~に「サイクルハテナチーム」で出場してきました!

~2020年以前のOMMBIKE/LITEについてはコチラ~

まずは何をおいても昨年同様に厳しい状況の中でも無事開催された運営の皆様には本当に感謝です!ありがとうございました!

レースにはOMMさんの若手スタッフチームもBIKEで参戦しておられました◎

勿論ですが、OMMのバッグ・ギアがキマっておりましたよ!

レース中にはあちこちで参加者の人とすれ違っては再会してを繰り返します。

ランもバイクも関係なく参加者の人見かけたら、お互いに挨拶したり「あのルート行った?」なんておしゃべりや軽口も言ったり。

ルール的にはチームごとの競い合いなんですが、こうゆう楽しい雰囲気はOMMならではじゃないでしょうか?

改めて驚いたのが、計4回程白馬開催のOMMBIKEに参加しているのに、毎回新しい発見がある事。

今回は何せ緑がキレイ!スケールの大きい田園風景と相まって、2日間見続けても飽きない美しさでした◎

白馬がラン/バイクの両面でレースに適したフィールドっていうのもあるんでしょうが、観光ガイドだけでは見えないその土地=白馬の良いところを教えてくれるコース設定だったように思います。

今回の溶けるような暑さに嬉しい川渡りもあり◎

気温は高くとも、アルプスの雪解け水はキンキンに冷たくて、レース中の何よりの癒しでしたね◎

川を渡る事でコースをショートカット出来るってのがメインですが、皆ついつい長居しちゃってたなんてのもOMMらしいポイントかなと思います。

ちなみに僕らは毎度の通りBIKEでの参加ですが、今回は当店でも取り扱い中のfinetrackさんとバディを組ませて頂きました◎

~finetrack/ファイントラックについて詳しくはコチラ~

お互い、展示会等ビジネスでの面識はありましたが、こうして一緒に遊ぶのは初めて。

それぞれがどのくらい走れるのか?どんな人なのか?分からない事だらけでのスタートではありましたが、2日間のレース&キャンプを通して、親睦を深めさせて頂きました。

実際、大人になってからって、建前だったり/肩書だったり色んなしがらみが増えてきてガッツリ本音で人と向き合える機会って子供の頃と比べて減っているように思います。

だからこそ、レースからキャンプまで2日間を一緒に過ごして・親睦を深めていくってのはとても良い機会なんじゃないでしょうか?


ちなみに今回ご一緒させて頂いたFinetrackの樫本さんは、普段は山に沢にクライミングにとボーダーレスにアウトドアアクティビティに取り組んでおられる方ですが、自転車は始めてまだ半年との事。

そんな事もあって、ギア類は手持ちのアウトドアギアで整えての参加。こうゆうスタイルも全然OKです◎

勿論、レギュレーション上の必須装備はありますが、そこから先のギア選びはこうじゃないと!っていう縛りはありません。

あくまでも楽しめるかどうか?が重要。

順位を競っても良いし、川遊びに興じても良いし、何せ自身のチーム皆でやりたい事・楽しみたい事に全力投球できて・安全面で責任が持てる様になっていればOK。

OMMのテーマの一つでもある『オウンリスク』。どうせ遊ぶなら自分で責任もって、全力で遊び倒しちゃおうって感じじゃないでしょうか?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

OMM JAPAN(@omm_japan)がシェアした投稿

次回は10月に滋賀県/余呉で開催される予定のOMMBIKE/LITE。

先日からキャンセル枠の追加エントリーが始まっておりますので、まだエントリーされていない方は是非この機会に仲間内で参加してみてはいかがでしょうか?

※関西各県からのアクセスも良い立地なので、エントリーは難しくてもサイクリングがてら会場に遊びに行ってみるなんてのも良いですね!

—————————————————————————————————————-

当店でも取り扱いさせて頂いておりますGROWN BIKEの新作GIのサンプルバイク。

同じくEBSから生まれた当店のMAJOR TOMとは兄弟分的なグラベルバイク。今後の情報にご期待下さい!

RawlowMountainWokrs & GROWNBIKEデザイナーのリョウタロウさんはEIRIN丸太町10周年記念キャップ被って参戦!ありがとうございます!

ソックスでお馴染みのHikerTrask@ryosuke_iwashiさんも参戦!こんなに暑いのに全然いつもと変わらないテンション、すごいなー。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

CLAMP TAKE(@clamp_take)がシェアした投稿

ChipsBag当店の10周年キャップを作っていただいたWELLDONEさんもCLAMPさんチームで参戦。

他にも様々なブランドの方がブース出展等されておりました~。

コレは余呉も俄然楽しみになってきましたね!



 


 


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しております「サイクルショップeirin丸太町店」&「サイクルハテナ(別館)」はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月〜日
    12:00~20:00
    定休日
    水曜日

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)