BLOGブログ

“祝入荷!!”下りが楽しめるアルミハードテイルMTB!【2022年モデル】ROCKEY MOUNTAIN BICYCLE GROWLER(グロウラー)

2022.08.08 2022モデル(NEW) , BLOG , eirin丸太町店 , MTB , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

ようやくスタート!

この度、カナダブランドROCKEY MOUNTAION BICYCLE を取り扱いスタートいたしました!

*メーカー公式ページはコチラ

そして、入荷第一弾はアルミハードテイルのGROWLER!

昨今のトレイルMTBのトレンドをしっかり取り入れつつも、とりわけ”下り”の信頼性高い設計はこれからMTBを初めて行きたい方にもオススメ◎

1981年にバンクーバーの自転車屋の地下室で創業以来、ROCKY MOUNTAIN BICYCLES ( ロッキーマウンテン バイシクルズ ) は、常に新しい技術とフレームを市場に投入し続けています。バンクーバーの荒れたテクニカルで、いつも濡れている小道をバックヤードに持ち、テストフィールドとして活用しています。ここで耐えうるバイクであれば、どんな場所でも抜きに出られる存在になれると考えられ、創立当初から変わらず、販売台数の増加や代価を求める事よりも、技術と品質を一番に考えているバイクメーカーです。

-メーカーページより引用-

当店長らくの取り扱いブランドKONAと並ぶカナダ発のMTBブランドとしてファンも多いROCKEY MOUNTAIN BICYCLES。

多くのラインナップが下りやトレイルといったMTBのホビー的な面をしっかり見据えたラインナップになっているのは日々カナダのフィールドで遊ぶブランドならではですね。

今回入荷のGROWLERは最新の”スラックジオメトリー”を採用した下りも楽しめるハードテイル。

KONAのHONZO ESDと同系統のジオメトリーを持っておりますが、GROWLERの魅力はアルミフレームである事。

勿論、優劣はありませんが、アルミフレームによる軽量性とコストダウン。そして、同一フレームを使用しつつの価格別3モデルのラインナップ。
最新のスラックジオメトリーを予算に合せて、ゲットできる!コレはGROWLERの大きな魅力ではないでしょうか?

-目次-
・モデル、価格、サイズについて
・トレイルMTBの最新トレンド”スラックジオメトリー”
・GROWLERシリーズ”共通スペック”
・GROWLER50
・GROWLER40
・まとめ

モデル、価格、サイズについて

【2022年モデル】ROCKEY MOUNTAIN BICYCLE GROWLER50

販売価格:292,600円(税込)

~オフィシャルオンラインストア~

~楽天市場店~

  • M(168~180cm)→在庫あり
  • L(175~185cm)→在庫あり
変速 1x12speed
ペダル 無し
スペック フレーム Rocky Mountain 6061 Alloy. Threaded BB. Boost 148mm. Tapered Zerostack Headtube. Dropper Post Compatible. Rear Triangle
フォーク RockShox 35 Gold RL 150mm 44mm Offset
クランクセット Shimano Deore 12spd 30T
BB Shimano SM-BB52
Fメカ SHIMANO FD-6800
Rメカ Shimano XT
シフター Shimano SLX
スプロケット Shimano Deore 10-51T 12spd
ブレーキレバー Shimano MT4120
ブレーキ Shimano MT4120 4 Piston | Resin Pads
タイヤ  F – MAXXIS MINION DHF 29 x 2.6 R – MAXXIS MINION DHR  29 x 2.6
ホイール WTB ST i30 TCS 2.0 Tubeless | 32H | Tubeless ReadyShimano MT410 Boost
ハンドル Rocky Mountain AM 800mm
ステム Rocky Mountain 35 AM | 5° Rise | All Sizes = 40m
ヘッドセット Rocky Mountain | Sealed 36°x45° Bearings | 30.2mm x 41mm x 7.1mm Upper | 40mm x 51.8mm x 7.5mm Lower | 1.5″ Crown Race
サドル Rocky Mountain 148 Cromo
シートポスト Rocky Mountain Toonie Drop Alloy | 30.9mm

【2022年モデル】ROCKEY MOUNTAIN BICYCLE GROWLER40

販売価格:233,200円(税込)

~オフィシャルオンラインストア~

~楽天市場店~

  • M(168~180cm)→在庫あり
  • L(175~185cm)→在庫あり
変速 1x12speed
ペダル 無し
スペック フレーム Rocky Mountain 6061 Alloy. Threaded BB. Boost 148mm. Tapered Zerostack Headtube. Dropper Post Compatible. Rear Triangle
フォーク Suntour Raidon 34 LOR Air Boost 140mm
クランクセット Shimano Deore 12spd 30T
BB Shimano SM-BB52
Fメカ Shimano Deore 12spd
Rメカ Shimano Deore 12spd
シフター Shimano Deore 12spd
スプロケット Shimano Deore 10-51T 12spd
ブレーキレバー Shimano MT4100
ブレーキ Shimano MT4100
タイヤ F – MAXXIS MINION DHF 29 x 2.6 R – MAXXIS MINION DHR  29 x 2.6
ホイール WTB ST i30 TCS 2.0 Tubeless | 32H | Tubeless Ready – Tape and Valves InclShimano MT410 Boost
ハンドル Rocky Mountain AM | 800mm Width | 25mm Rise | 9° Backsweep | 5° Upsweep | 31.8 Clamp
ステム Rocky Mountain XC
ヘッドセット Rocky Mountain | Loose Ball Bearings | 1.5″ Crown Race
サドル Rocky Mountain 148 Cromo
シートポスト Rocky Mountain Toonie Drop Alloy | 30.9mm

◆GROWLERシリーズ共通ジオメトリー


トレイルMTBの最新トレンド”スラックジオメトリー”

MTBの記事等で見かける事が多くなってきた”スラックジオメトリー”というキーワード。

・66度以下に寝かせたヘッドアングル
・長めに採られたフレームリーチ

この2つにより、既存のMTBよりも前輪をより前に出す=下り(特に大きな段差や急斜面)でも前につんのめる事なく、トレイル・ゲレンデを走行し易くなるというもの。
エンデューロ系のフルサスMTBでは既に一般的ですが、トレイル系のハードテイルでもこのジオメトリーが採用されつつあります。

実際にトレイル系のMTBを買って、近くの山に遊びに行こうとなった時には、狭く・険しい徒歩道ばかり何てことも多々あります。
*路面のギャップも少なく慣れた道は歩行者の方とのバッティングも多く、そこを避けつつルートを探していくと、ハイキングではマイナーなギャップの多い道に行きつくという流れもあり〼。

そうしたフィールドでより満足度高く遊びたい!でも、フルサスMTBは予算的に/汎用性的にも難しい…、そうなって来るとハードテイル+スラックジオメトリーのMTBは実にリアルなチョイスに。

クロスカントリー向けのMTB程の軽快な走行性能は無いモノの、ハードテイルである以上、リアショックによる重量面/パワーロス等のネガティブな要素がない分、ある程度の走行性能はあり。

自走で山々を巡りながら、トレイルで遊ぶ様な使い方にはマッチしてくれますね。


GROWLERシリーズ”共通スペック”

フロントフォークには150mmストロークを採用。エンデューロバイクと同レベルのストロークにより、大きなギャップにも対応。スピードの出るゲレンデ等でも充分楽しめますね。

ホイール規格は勿論、前15x110mm / 後12x148mmのBOOST仕様。

そして、アルミフレームならでは。リアブレーキ/シフト/ドロッパーポストのケーブルはダウンチューブに内装。

スッキリした見た目に寄与するだけでなく、転倒時にもワイヤーを傷つける事なく安心。

チェーンの接触を回避させる、大きく弓なりのチェーンステー。コレもアルミフレームならではの造詣ですね。

また、各モデル共通として、ドロッパーシートポストを標準装備。
MTBに欠かせないと言っても過言ではないドロッパーシートポストが付いてくるのは嬉しいポイント。


GROWLER50

GROWLERシリーズのトップグレードには、SHIMANO DEORE XT 1x12speedコンポとClarks4ピストン油圧ディスクブレーキを採用。

SHIMANO MTBコンポの中でも上位に位置するDEORE XTによるスムーズな変速性能は言うまでもなく良し。(シフターはSLXを使用)

4ピストン油圧ディスクブレーキは、スピードの出た場面でも安心して止まれるパワーと路面に合せてスリップしない様な優しいブレーキングまで可能に◎

トレイルライドでも大きく役だってくれます。


GROWLER40

セカンドグレードモデルながら、DEORE1x12speed SHIMANO油圧ディスクブレーキと欲しい内容をしっかりキープしたGROWLER40。

SHIMANO油圧ディスクブレーキは、耐久性/メンテナンス性の面では嬉しいチョイス。

SHIMANOでは12速のみ可能な10-51tというとりわけワイドなギアを採用。

このワイドなリアスプロケットは、フロントチェーンリングを大きくする事なく、オンロード~トレイルの登りまで幅広く対応するギア比を実現してくれております。


まとめ

2022年モデルとしては他ブランドに遅れてのスタートとなりましたが、MTB=特にエンデューロやトレイルライドといったジャンルにしっかり注力してくれているブランドだけあって、その魅力は一目瞭然ですね。

当店取り扱いのKONAと同じく、カナダの広大なフィールドによって日常的にMTBライドを楽しみながら、生まれるROCKEY MOUNTAINのMTB。

ハードテイルMTBをお探しの方、必見です!!





 

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    修理専用ダイアル
    075-708-3922
    月~土
    11:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月〜日
    12:00~20:00
    定休日
    水曜日

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)