LINE UP取扱車種

クロスバイクについて

2016.12.27 ,
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

舗装路における軽快な走行性能を持つロードバイクと、高い車体コントロール性能を持つマウンテンバイク、その中間的役割を持つカテゴリー。スピードや距離等、それぞれの競技スタイルにした特化したモデルとは異なり、タイヤ幅28~35mm前後、フラットバー採用と、街乗り~週末のサイクリングなどでの使いやすさを重視した設計。また普段の生活に必要な、フェンダー (泥除け)やスタンド、ベル等のパーツが標準装備であったり、取り付けがしやすい設計のものも多い。

クロスバイク#1 タイヤ幅~30mm

クロスバイクの中では最もメジャーな部類。出だしが軽く巡行性も高い車輪径がロードと同じ車輪径を持ちつつ、タイヤ幅28mm前後とロードより5mほど太めの設定でパンクのリスクも軽減。街乗りは勿論のこと、週末のサイクリングまで幅広く楽しむことが可能。スポーツバイク初心者にもアプローチしやすい車種。

街乗り :★★★★★
サイクリング :★★★★☆
舗装路(生活道路) :★★★★★
未舗装路(河川敷や砂利道) :★★★☆☆

クロスバイク#2 タイヤ幅30mm~

クロスバイク#1と同様の設計を持ちながら、シティーサイクルと変わらないタイヤ幅32~38mm前後と更に太めの設定で、道路の段差や側溝などによるパンクやスリップによる転倒リスクを更に軽減。週末のサイクリングまで幅広く楽しむことが出来つつ、舗装路に限らず河川敷や砂利道のような半未舗装路などでも走行しやすい、更に街乗りに使いやすい車種。

街乗り :★★★★★
サイクリング :★★★★☆
舗装路(生活道路) :★★★★☆
未舗装路(河川敷や砂利道) :★★★★★

フラットバーロード

ブレーキやホイール規格、タイヤ幅など、基本ロードバイクと同等の設計を持ちながら、ブレーキングや車体のコントロールがしやすいフラットハンドルを採用したモデル。通常のクロスバイクより更に軽量に作られているものが多く、街乗りは勿論の事、更にサイクリングにも使いやすい。

街乗り :★★★★☆
サイクリング :★★★★★
舗装路(生活道路) :★★★★☆
未舗装路(河川敷や砂利道) :★★☆☆☆

コミューターバイク

クロスバイクを基本設計に持ちながら、より街乗りにおいての快適性を重視した装備が特徴的。お尻に優しいクッションの良いサドルが採用されたり、フェンダー (泥除け)やスタンド、キャリア(荷台)といった街乗りに必要なオプションが最初から標準装備されているものも多い。

街乗り :★★★★★
サイクリング :★★★☆☆
舗装路(生活道路) :★★★★☆
未舗装路(河川敷や砂利道) :★★★★★
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)