BLOGブログ

【 KONA / コナ 2020モデル 】ROVE ST(ローブ エスティー)フルクロモリ アドベンチャーツーリング

2019.10.08 2020モデル(NEW) , BLOG , eirin丸太町店 , KONA(コナ) , グラベルロード , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館) , シクロクロス , ツーリングバイク

良しくも悪しくもスポーツ自転車というものが大衆化したこのご時世ですが、コストパフォーマンスの高さが嬉しいマスプロブランドという立ち位置ながら、その濃いキャラクターは他社大手ブランドとは一線を画す「価格重視にはない特別な存在感」。そんな僕たちが大好きなブランド『 コナ / KONA 』

その中でも実に『 コナ / KONA 』らしく、他社ラインナップにはないオンリーワンな代表的モデルがコチラ!

2019モデルから基本的な仕様は継続ながら、個性的なカラーリングながらも落ち着いたパープルカラー、バツグンに人気の高いグラベルロードプラスタイヤ「WTB VENTURE 650Bx47C」を新規標準装備した~

フルクロモリ アドベンチャー ツーリング【 KONA / コナ 2020モデル 】ROVE ST(ローブ エスティー)のご紹介

-目次-
・モデル、価格、サイズについて
・シンプル&タフなクロモリフレーム&フォークを採用。舗装路⇔グラベルライド、荷物を積んだ本格的長距離旅行~キャンプにもGOOD!な完成度高いモダンツーリングモデル「ROVE ST」
・舗装路の軽い転がり&林道(グラベル)ライドにおける走破性。バランスよく適応するWTB VENTURE 650Bx47Cロードプラスタイヤ採用
・シンプルな操作性xチェーントラブルの少ないフロントシングルギアシステム採用する「SRAM RIVAL1コンポ」をメインとした信頼性高いパーツ構成
・ROVE STのまとめ

【 KONA / コナ 2020モデル 】ROVE ST(ローブ エスティー)

定価:¥173,000-(税別)⇒当店販売価格:¥164,350-(税別)

●サイズ(適応身長)
48(158-170cm)
50(163-175cm)
52(173-181cm)
54(178-185cm)
56(182-195cm)

~オフィシャルオンラインストア~

~楽天市場店~

ジオメトリーなどメーカーサイトはコチラ

●仕様スペック

FRAME MATERIAL Kona Butted Cromoly
SIZES 48, 50, 52, 54, 56
REAR SHOCK n/a
FORK Kona Project Two Cromoly Disc
CRANKARMS SRAM S350
CHAINRINGS 40t X-Sync
B/B SRAM GXP 68mm
PEDALS n/a
CHAIN SRAM PC1110
FREEWHEEL SRAM PG1130 11-42t 11spd
CHAINGUIDE n/a
F/D n/a
R/D SRAM Rival 1
SHIFTERS SRAM Rival 1
BRAKE CALIPERS TRP Spyre C Flat Mount
FRONT BRAKE ROTOR TRP 160mm
REAR BRAKE ROTOR TRP 160mm
BRAKE LEVERS SRAM Rival 1
HEADSET FSA TH848
HANDLEBAR Kona Road
STEM Kona Road
SEATPOST Kona Thumb w/Offset 27.2mm
SEAT CLAMP Kona Clamp
GRIPS Kona Cork Tape
SADDLE WTB Volt Comp
FRONT HUB Formula 100x12mm
REAR HUB Formula 142x12mm
SPOKES Stainless Black 14g
RIMS WTB Asym i23 TCS
FRONT TIRE WTB Venture TCS DUAL 650x47c
REAR TIRE WTB Venture TCS DUAL 650x47c
PAINT COLOR Gloss Ultraviolet w/ Gold & Light Ultraviolet Decals

~ROVE ST 過去ブログ/インプレはコチラ~


シンプル&タフなクロモリフレーム&フォークを採用。舗装路⇔グラベルライド、荷物を積んだ本格的長距離旅行~キャンプにもGOOD!な完成度高いモダンツーリングモデル「ROVE ST」

シャープでシンプルなフォルムが印象的なROVE ST。採用されるフレーム&フォークは、タフで路面からの振動吸収性高いクロモリスチール素材。

沢山の荷物を積むロングツーリングやグラベルライドなどのホビーライドにも適しており、スチールと言えども 一般的なママチャリに採用されるハイテンスチールよりも圧倒的に軽く、スポーツ自転車に採用される素材としては最も長く愛される素材です。

前後フェンダー&キャリアダボにはじまり、フレーム内Wボトル台座、ダウンチューブ裏、フォークサイドにも更に豊富なアイレット(2019モデルよりも増加)が用意されます。

バイクパッキングスタイルは勿論、キャリア&パニアを取り付けた荷物を積載する長距離ツーリングにスマートに対応しますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Pedal Power RVAさん(@pedalpowerrva)がシェアした投稿


 舗装路の軽い転がり&林道(グラベル)ライドにおける走破性。バランスよく適応するWTB VENTURE 650Bx47Cロードプラスタイヤ採用

低く詰まったブロックパターンが、舗装路における軽やかさと、砂利道~林道といったグラベル走行時の走破性/安定感にバランスよくコミットする、当店スタッフの使用率も非常に高い、WTB VENTURE 650Bx47Cロードプラスタイヤが標準採用されております。

コストダウンされるOEMバージョンでもなく通常展開されている(¥7,800税別)純正のチューブレスレディ仕様。

リムも同社WTB Asym i23 チューブレスレディですので、チューブレスへのカスタムもスマートに対応します。

チューブ分の重量の削減、エアボリュームによる路面からの振動吸収性。やはり太目のタイヤはチューブレスの効果を更に体感しやすいと思います。

昨今グラベルバイクに始まり~2020年モデルのクロスバイクカテゴリーの完成車にも多く採用されつつあるこの650B規格。

WTB社の提案する47mm幅:650Bx47Cロードプラス規格のタイヤ外径は、700x28cとほぼイコール。

通常のロードやシクロクロスでも成しえない、幅47mmという圧倒的な安定感&走破性、そして高い巡行性をバランスよく併せ持ち、街乗り~ツーリングに最適な規格ともいえます。

これからは「リベラルロード / liberal road 」と呼んで良いのでは?  ロードバイク=700Cホイール&タイヤの限りではなくなる時代が来ております。

因みにROVE STは、上の画像の様に700x38cのタイヤ装着も可能。(画像は2019のROVE ST)

フレームのタイヤクリアランスとしては700x42cまではOKそうなので、舗装路の巡行性に優先位をおいた700Cホイールを1セット用意して乗り味の変化を楽しむ事もオススメです◎


シンプルな操作性xチェーントラブルの少ないフロントシングルギアシステム採用する「SRAM RIVAL1コンポ」をメインとした信頼性高いパーツ構成

メインのパーツ構成は2016時のデビューより変わらずSRAMのミドルグレード「RIVAL」による1x11スピード。

SHIMANO GRXも発表~発売され、そのシンプルな操作性&少ないチェーントラブルから、MTBに始まりアドベンチャー・グラベル・シクロクロスでも確実に有用性が証明されたフロントシングルギアシステムが採用されております。

SRAMならではの高いチェーンテンションはダートコース時での振動からチェーン外れを防いでくれますし、11-42Tスプロケットは登りも楽々で安心◎

ブレーキはフラットマウント規格の『TRP SPYRE』。フラットマウント規格によるスッキリとしたデザインと軽量な仕上がりはトータルのデザインとしても◎。

より確かな制動力を希望される方は、機械式レバーで操作できる油圧キャリパー【TRP】HY/RDへのカスタムもオススメします。

サドルにはスマートなデザイン&座り心地の良さに定評あるWTB製VOLT COMPが標準採用。

ダートコースの下りでもバイクコントロールしやすいややハノ字に広がったフレア型ドロップハンドルバー。


KONA ROVE ST 2020モデルのまとめ

より太いタイヤの装着を可能とするより山中でのアドベンチャーライドに最適なSUTRALTD同様、 価格含め他社に競合商品のないそのオンリーワンな立ち位置からか、デビュー当初より毎年早期完売必至のROVEST。

タフで振動吸収性高いフルクロモリフレームによるシンプルなフレーム&フォークをベースに、

●前後12mmスルーアクスル規格  ●フラットマウントディスクブレーキ ●650Bx47Cロードプラスタイヤ

といったモダンな規格が落とし込まれ、パーツの構成~価格ふまえ実にミドルグレードらしいバランス良い完成度を持つ本モデルは人気が出るのも当然納得ですね。

グラベルライドや長距離ツーリング、林道サイクリングなど本格的なサイクルアクティビティにも最適な機能性を持つROVE STは、アスファルトでの軽やかな走りとちょっとした段差や溝などを乗り超える走破性の良さをバランスよく併せ持ちます。

レーシー過ぎないそのルックス/佇まいはアウトドアウェアやカジュアルウェアにも相性よく、結果「街乗り」にも向いています。

コストパフォーマンス高くも、自転車上級者をも納得させるオンリーワンな完成度を持つROVE ST。2020モデルもかなり注目度高いですよ!

~オフィシャルオンラインストア~

~楽天市場店~


10/10~よりスタート★【 KONA / コナ MTB 2020モデル 試乗&受注会 (期間限定先着特典あり!) 】&【ライドイベント「13日(日)」】 開催します!!

来ました!!展示会速報★【 KONA BIKE / コナ 2020モデル 】 まとめブログ


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆


 


KONAに関するブログ一覧はコチラ

KONAご購入~ONLINE STORE~



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しております「サイクルショップeirin丸太町店」&「サイクルハテナ(別館)」はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)