BLOGブログ

今年も何とか!?eirin丸太町店主催の毎年恒例イベント【勝手に乗鞍ヒルクライム 2018】に行ってきました!

2018.09.17 BLOG , eirin丸太町店 , サイクリングレポート , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

【ロードバイク・シクロクロス・グラベル・クロスバイク 等 初心者の方もお任せください】

京都市内で営業しております

サイクルショップEIRIN丸太町店 & サイクルハテナ 」です。


昨日は、毎年夏の当店恒例行事となっております、自転車で登れる国内最高標高『2700m』!!乗鞍岳頂上を目指すサイクリング会でお馴染み?

eirin丸太町店【勝手に乗鞍ヒルクライム 2018】に行ってきました!

「WEBアルバムはコチラ」

雲の上を走るような日常では味わえない正に絶景!!自転車に乗られているならば是非とも一度は行ってみて頂きたいオススメのイベントです◎

そんな乗鞍ヒルクライム、毎年僕らの頭を悩ませるのがシビアな『お天気問題』。京都からての遠征行事になるので早い段階からスケジュール組んでも天気次第では通行止めでアウト、、なんてことも決して少なくありません。コレばっかりは運に任せるしかありませんね。

特に今年は夏場の天候不良が多く、開催日のギリギリまでは雨予報だったので急遽代案を考えたりしておりましたが急な天候回復!!今年も行くことが出来ました!!

と本来予定のコース「乗鞍スカイライン」へ向かったところまでは良かったのですが、上の方でガスが出ており、危険との判断で”終日通行止め”。

どんなに天気が晴れでもこうゆうリスクがあるのがこのイベントの難しいところ。

そんな訳で今回は急遽 お久しぶりな長野県松本側からの「乗鞍エコライン」ルートで行ってまいりました。


【岐阜側】

今年も昨年同様にお食事処あんき屋さんの駐車場からスタート。まずは一路、乗鞍スカイライン入口を目指して”平湯峠区間”を登っていきます。(この時点では誰もスカイラインが通行止めになるとは思っておりませんね…)

峠というだけあって結構な傾斜が続くある意味最初の難所「平湯峠」をクリアし、乗鞍スカイライン入口に到着しましたが~

ガッデム!!

ゲートの管理人さんに話を聞いてみたりでもしかしたら解除になるかも?なんて可能性もあり、一同神妙な顔つきで待ちます。

僕らが待っている間にも何人もの方が登ってこられて看板を見て肩を落とされてましたね~

しばらく末と管理人さんから終日通行止めのお知らせが…しかし、諦めるのは早い!!

そう乗鞍岳頂上は”岐阜”と”長野”の県境。という事で、もう一つ長野県松本側から登る「乗鞍エコライン」へ移動しました!


【長野側】

いつもは山之湯もりたからスタートするのですが、今回は帰宅の時間を考慮して”三本滝からスタート”とややショートカットコース。

ショートカットと言えども、約13キロのひたすら登り坂。

ペダルを止めることなく自問自答をくりかえしながら ひたすらクルクル・クルクル ・・・。

まずは中腹の位ヶ原山荘でいっぷく。

この時点で既に標高2350M。お菓子の袋もパンパンに仕上がっております。

さて頂上むけていざリスタート★

あの霧のかかった山の向こうです!

そして、いよいよ雲の世界への突入していきます。

はい!お待ちかね★

高木が生育できず森林を形成できない限界線「森林限界」区間です。

この道なくして乗鞍なし。やはり最高!

岐阜側のルートとは違って長野側は道幅がせまく、また別の表情が伺えます。

久しぶりにきましたがこちらはこちらでまた綺麗ですね~。

昨年と違って決して快晴!というわけではなかったですが~それでもちゃんと登れただけでも良かったです!!

それでも初心者の方にとてはキツイのも事実。

何度も折れそうになっておりましたが~、あともう少し、あともう少し。

そしてそしてちゃんと、 頂上まで到着してくれました~~!

もはや四方何処見渡してもガスで真っ白なのも分かっているのにも拘らずちゃんと頑張ってくれました!パチパチパチ。

しかしながらあれですね~~。

今回は、自転車遊び初めてまだ一年未満であったり、普段特に運動もしないという方、また例年に比べ女子の参加率も高かったのですが~、

”自転車で乗鞍登るって、何かよくわからんけど、足つくのわかっているけど、なんかとりあえず楽しそうだしとにかく行ってみよう!”という

見切り発車おおいに結構! 所謂”楽しもう!とするエナジー” は、経験者より初心者であったり、昨今の傾向でもあるのでしょうか?男子より女子のほうがむしろ高いのかもしれませんね。

そんな「初期衝動」っていうのは時に無謀ともいえ 勿論の事中々いつまでも続くものではありませんが、それでもやはりそんな状況を目の当たりにすると、それはもう素晴らしくあり、自身においても出来る限りその感覚は忘れたくないなと思うのと同時に、

殆どの場合男子より女子の方が&また経験者より初心者のほうが運動能力的に劣るのにも拘わらず(時にいきなり才能開花する人がいてそれがまた面白い)一生懸命ゴールまでたどり着こうとするそんな姿を見ると、改めてそういう人たちをしっかりサポートし、そんな世界があるのを知ってもらう機会を率先して作る事自体も我々のようなお店の役割でもあるなと、今回後方で走りながらそう思わせて頂きました。

しかしながら天候に左右されるアウトドアイベント、ましてや遠征となる乗鞍となるとまあ~開催が難しいものですが、そんなこんなで今年の乗鞍も何とかかんとか無事終了~~。(まあイベント事などは多少トラブルがあったほうが面白い!)

いずれにせよ~ご参加いただいた皆様、本当にお疲れ様&有難うございました!!

あえてちょっとS心くすぐらせていただけるとすれば、乗鞍岳。機会があれば写真は下りに置いといて、是非ふもとからノンストップ&足つきなしで登りきる事も挑戦・経験してみてください★ それはそれでまた景色だけではなくまた別の世界が開けますよ??(今となっては僕も頂上で立てなくなるでしょうね~笑)

出来なかった事が出来るようになるっていうのはとっても嬉しい事です。特に年を取れば取るほどにですからね。

「WEBアルバムはコチラ」

次の遠征はご要望の声多かった「四国カルスト」?今度こそ「乗鞍(岐阜側)」? そういやそろそろ関西シクロクロスもありますね?

まだ予定は未定ですが~次の遠征イベントもお楽しみに~★

いずれにせよ、くそ暑い夏もそろそろ終わりサイクリングに適したシーズンの到来です!

9/30まで上記のキャンペーン(詳しくはコチラ)もやっておりますので、皆さま是非こぞってエントリーしちゃってくださいね~★



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)