BLOGブログ

気温も暑く!内容も熱かった!【 OMM LITE / BIKE 2018 】Hakuba/Otari (at 白馬)に行ってきました!

2018.07.16 BLOG , eirin丸太町店 , イベント , サイクリングレポート , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

【ロードバイク・シクロクロス・グラベル・クロスバイク 等 初心者の方もお任せください】

京都市内で営業しております

サイクルショップEIRIN丸太町店 & サイクルハテナ 」です。

前回、3月に開催された【 OMM LITE / BIKE 2018 】 TOKUSHIMA-KAIYO (at 徳島 海陽町)に引き続き~、一昨日~昨日と2日間

【 OMM LITE / BIKE 2018 】Hakuba/Otari (at 白馬)に参加してきました!

抜群のロケーション、長野県白馬岩岳スキー場を拠点に開催されました~今回のOMM(ホームページはコチラ)

全国的に見舞われた猛暑と共に、その内容も非常に熱くございました!!

キャンプしながら1泊2日の行程で行われるこのOMM LITE / BIKEというイベント。

もちろんレースという名のもと順位を競う事も楽しいのですが、それを更に倍増してくれるのが何よりもこの素晴らしいロケーション。

当店のサイクリングイベントにちょくちょく来てもらっている方々にはかなり楽しんで貰えるのではないでしょうかー?。是非皆さんにもチーム募って参加して貰いたいオススメのイベントです!

ご家族皆で遊びに来て、旦那さんはレースに出場~その間奥さんと子供達は広大な自然相手に遊びながらお留守番~夜は一緒にキャンプしながらテント泊なんてプランもアリですね★

OMM LITE/BIKEは、ラン部門・バイク部門と同時にスタートします。

トレイル、ダート、アスファルトなどの多彩なルートが用意されている広大なエリアを舞台に、地図ナビゲーションとルートチョイスによる戦略で、より多くのポイントを回り競い合う新感覚の競技です。(所謂GPSサイコンやスマートフォンでの位置確認などは禁止されております。)

各チーム2名以上で構成され、レース前に配布される地図から等高線などでルート/勾配のチェックし、制限時間内にどれだけ効率よくチェックポイントを回れるか?を競うレースです。

地図の読み取りから行うルート選びはもちろんですが、多彩なコースレイアウトに対してどのような車体/主にタイヤ幅で参加するか?事前の準備も戦略のひとつ。

そして何より”チームワーク”がものをいうレースとなるでしょう。


OMM BIKEに参加するためには以下のKIT LISTが必携となります。

・フード付き防水ジャケット(シーム処理の施された防水製品に限る)
・防水パンツ(シーム処理の施された防水製品に限る)
・サイクルスポーツに適した服
・ライト&電池(8時間以上使用可)
・ホイッスル&コンパス
・地図(大会主催者より供給)
・ファーストエイドキット
・エマージェンシーシート(袋状のものに限る)、又は防水シェラフカバー
・リュックサック、バイクパック
・非常食
・ウォーターボトル・ハイドレーションパックなどの給水用具
・バイク修理キット
・ヘルメット

【 BREEZER BIKES / ブリーザー 2018モデル】RADAR CAFE(レイダーカフェ)

販売価格:¥95.000-(税別)

SIZES(サイズ):

45cm→店頭&メーカー完売

48cm→店頭&メーカー残り僅か!

51cm→店頭残り一台!/メーカー完売

54cm→店頭&メーカー完売

適応身長表はコチラ

僕が使用したのはこのモデル。前回の徳島ではALANのグラベルバイク(タイヤ幅40c)で参加しましたが、今回は白馬のトレイルの重要性も視野にいれ、タイヤ幅50Cのコチラで。タイヤ、ホイール、グリップ、サドル、シートピラーなど標準仕様とは大きくカスタム変更されておりますので、またご案内させて頂きます!

因みにハンドル・ステムに備えられたマップホルダーはかなり必須です。(ルート確認する際毎回地図の出し入れするのは手間がかかるし、破れたりすると困ります。)

もちろん前述の必携キットを備える為の”パッキングアイテム”のチョイスもセンスが問われるところですネ!

因みにFさんはKONA UNIT-Xで。伊井君はKONA ROVE LTDで。それぞれホイールを650B⇒700C化へカスタムしての参加でした~。


実際レースですが、それはもう最高に楽しかったですよ!

これまたおそらく写真では中々伝わり切らないでしょうが(笑)

田園に囲まれながら

時には自転車担いでそのままじゃぶじゃぶ川を渡ったり(気持ちいーー!)

農道ルート(おだやかー)や

グラベル区間(バリンバリン)

トレイルの下り(どきどき)

 

そしてココ!

何ならほぼ直線1kmをひたすら押して登るルートもございました~。(ここが大層きつうございました!)

なんならぱっと見 “道なき道”を突き進むルートも、もはや想定内です!。

あらゆる場所にチェックポイントが設置されており、

やる事なす事てんこ盛りの二日間でした!

そして、もうなんだか分からない位に汗かいてフィニッシュ!(なんとギリギリ数十秒前)

1日目は不慣れなメンバーであまりポイント稼げませんでしたが~、2日目は地図読みも少し慣れてきて挽回へ。男女混合で5位/12組と中々の順位で終えました~!

しかしながら表彰台へはまだまだ勉強が足りなさそうでしたね~★ 次はこの経験を活かして更に上を目指したいものです!

勿論の事今回の猛暑も手伝って身体がキツかったのは事実ですが、ふと上を見上げると京都では味わえないキレイな山に散々救われました!

普段だらだらのんびり走るのもそれはそれで楽しいものですが~、やっぱり思い出に残る・景色の有難さはこういう”キツイ”時だったりもしますね!


今回で自身2回目となりましたOMM LITE/BIKE。しかしながらレース含めやっぱりとっても刺激的でした!

参加されている皆さん 競技としてしっかりと楽しんでいる事に加え、使用ギアや身に着けているもの、それぞれ独自のスタイルを持っており、この与えられた空間全てを楽しんでおられるように思えました。

この場所にはやはり中々まだまだ雑誌やメディアには乗っていない時代の一歩二歩先をいくトレンドセッター感がプンプンしておりますねー!

是非皆さんも是非現地に足を運んでその雰囲気を確かめに行ってみて下さいね~!

次の開催は何時何処なんでしょう?~?今からとっても楽しみです!!



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)