BLOGブログ

650×47cのロングツアラー【 BREEZER(ブリーザー)BIKES 】DOPPLER TEAM (ドップラーチーム)のご紹介!

2018.01.18 2018モデル(NEW) , BLOG , BREEZERBIKES / ブリーザーバイク , グラベルロード , ツーリングバイク , メーカー別情報 , 商品紹介 , 年式 , 車種別紹介

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。


現在の多くのスポーツバイクブランドが、”より速く走る事=スピード=レース”をテーマに日々進化していく流れを持つ中、

日本国内への入荷ラインナップが、「ADVENTURE/アドベンチャー」&「MOUNTAIN/マウンテン」のみ、また全モデルに油圧ディスクブレーキを採用する事に徹し、

”NOT「如何に速く走れるか?」YES「自転車を楽しむ事」をテーマ”(これは実にユーザー以上にユーザー目線でりましょう!)

とした、ある種その尖った姿勢(あくまでも個人レベルの解釈)、が、他社ブランドとは一線を画すと同時に、是非この時代・この業界に一石を投じて頂きたい!2018年度大注目株★

世界で初めてマウンテンバイクというものを制作したジョーブリーズのブランド”ブリーザー”よりコチラ~

ロングツーリングに最高の安定感と乗り心地を与えるネオランドナー登場!!

=国内ホームページはコチラ=


■BREEZERに関する当店他のブログはコチラ■


◎BREEZER BIKES (ブリーザーバイクス)DOPPLER TEAM (ドップラーチーム)

販売価格:¥258.000-(税別)

*BREEZERBIKESは、メーカーの意向により対面販売が原則となりますので通信販売は不可となります。ご了承下さいます様よろしくお願い致します。

49cm→3月予定 予約残り△
52cm→3月予定 予約残り△
54cm→3月予定 予約残り△
56cm→受付終了完売
*△は注文枠残極少数
*BREEZER全モデルの国内輸入台数は極少数ですので、気になる方はお早目のご注文お願い致します。

*BREEZERBIKESブランドは全モデル通信販売がメーカーの意向より禁止されております。対面販売後の発送は承る事は可能です。

ブランドホームページはコチラ


◆DOPPELER TEAMフレームの説明◆

スチールフレームに650Bホイールと聞くと、昔からの自転車ファンならランドナーを即思い浮かべるでしょう。

古き良きツーリングバイクの要素を取り入れつつも、モダンに仕上げられた機能性とデザインの調和が素晴らしいモデルです。

前述の通り、フレーム素材には鉄を採用。

頑丈で乗り心地が良く、長時間乗っても身体が疲れにくいスチールフレームはツーリングバイクの素材にピッタリ。

フロントフォークにはフルカーボンフォークを採用。

12mmスルーアクスルにボトルケージ台座装備と最新トレンドを踏まえた仕様となっています。

フロントフォークの重量はハンドリングや走りそのものの軽さに直結する部分。

実際に乗ってみると「おっ!!」となる軽快さがありました。

フォークをしっかりと支えるのは44mmヘッド。

路面からの衝撃、ディスクブレーキのストッピングパワーを受け止めてくれるからこそ、自転車は思い通りに曲がって止まれるというわけです。

ビンテージランドナーのような危うさ(これはこれで魅力的なんです)が全くなく、ギアとしての性能が引き出されています。

ダウンチューブ裏のボトルケージ台座もしっかりと装備。

この位置は自転車の重心に最も近いので重い物の積載に向いています。

ボトルケージマウント出来るカギやキャンプ用の水、まとめると意外と重い工具類などなどの積載がオススメです。

450mmととても長くとられたチェーンステーも特徴的。自動車と同じでホイールベースが長い=安定感に繋がります。

ロードレーサーの様なピリピリした高速走行には向きませんが、景色を楽しむ余裕を持った速度でのツーリングならベストアンサーと言える仕上がり◎

ブレーキキャリパーはフラットマウント。マウント部分の補強も雰囲気がある仕上がりです。

ちなみにリアももちろん12mm×142mmのスルーアクスル。


◆DOPPLER TEAM パーツ仕様の説明◆

メインコンポはなんとシマノR8000アルテグラの油圧!!

最新コンポであるだけでなく、ちょっと急にバリュー感が高まる価格設定に驚き!!

全モデルに油圧ブレーキを採用しているのもBreezer Bikesのこだわりの一つ。

安全かつ簡単にスピードコントロールが出来て止まれる⇒楽しく遊び切れると僕も思っています。

クランクにはPRAXISWORKSが採用されています。

見た感じ普通のダブルクランクですが、実はコレ、マイクロコンパクトクランクなんです。

48-32Tのチェーンリングと11-32Tのスプロケットでギヤ比は最も軽い組み合わせで1.0

荷物満載での峠越えも難なくこなせるツーリングバイクならではのパーツアッセンブル◎

そして一番気になるのがタイヤ&ホイール!!

昔ながらのランドナーと同じく650Bを採用しているわけですが、中身は全くの別物。

47cとボリューム感たっぷりなタイヤは段差やオフロード関係なく、荷物が無くてもたくさん積んでても関係なく、ズンズン進む走破性が楽しい♪

650B化のメリットをまとめると、

・700×28cとほぼ同じ外径で倍のエアボリュームが得られる⇒乗り心地が良く走破性も高い

・700cに比べてホイール径が小さいのでスポークが短い⇒ホイール強度&剛性アップ

上記2点が主なところ。

29インチタイヤとは違い、より小さなフレームでも設計が可能な為、小さめサイズのラインナップも豊富に揃います。

上の画像で鋭い人なら気付くかもしれません。

タイヤ&ホイール共にWTBのTCSで揃えてあるのでチューブレスレディ化もOK!!

650×47cのチューブレス。バルーンの様な浮遊感が病みつきになります。

ボヨンボヨンに柔らかな乗り心地なのに、ペダリングすればスーッと伸びていく加速感の同居が新感覚。

Breezerではありませんが、チューブレス化した650×47cの試乗車がありますので是非体験してみて下さい☆

サドルはWTB VOLTのBreezerオリジナルブラウンバージョン☆

荷物満載でのキャンプツーリングや全国各地の名所を巡るロングツーリング等々、走れるフィールドやシチュエーションの幅広さが魅力的なバイクです。

そしてもちろん街中の走りやすさはトップクラス!!

僕自身、自転車で日本縦断している途中にいくつもの街を通り過ぎた際に「ツーリングバイクは街乗りに最高!!」となった思い出があります。

低重心でロングホイールベースなので抜群の安定感。信号でのストップ&ゴーや障害物、歩行者、自動車との交錯による低速走行時にもフラつくことなく気を遣わずに走れます。

MTBの目線を持ったBreezer Bikesが作るからこそのスタイリングであり機能性でもあると思います。


◆DOPPLERシリーズラインナップ◆

◎BREEZER BIKES (ブリーザーバイクス)DOPPLER PRO (ドップラープロ)

販売価格:¥165.000-(税別)

*BREEZERBIKESは、メーカーの意向により対面販売が原則となりますので通信販売は不可となります。ご了承下さいます様よろしくお願い致します。

49cm→1月予定 予約残り△
52cm→1月予定 予約残り△
54cm→1月予定 予約残り△
56cm→受付終了完売
スルーアクスルや44mmヘッドはそのままにフロントフォークをクロモリとしたモデル。
軽さよりも耐久性、スチールフォークならではの粘りある接地感と乗り心地がお好みならコチラがオススメ◎

ツーリングに必要十分なシマノ TIAGRAコンポをメインにブレーキにはTRPの油圧キャリパーHY/RDを採用しています。

土臭いカラーリングが多いBreezer Bikesのラインナップの中で異彩を放つ爽やかなカラーリングにも注目!!


◎BREEZER BIKES (ブリーザーバイクス)DOPPLER CAFE (ドップラーカフェ)

販売価格:¥128.000-(税別)

*BREEZERBIKESは、メーカーの意向により対面販売が原則となりますので通信販売は不可となります。ご了承下さいます様よろしくお願い致します。

49cm→3月予定 予約残り△
52cm→1月予定 予約残り△
54cm→1月予定 予約残り△
56cm→受付終了完売
こんなバイクで街乗りしてたらめちゃくちゃステキ◎プロムナードハンドルを合わせたタウンモデルもあるんです。
絶妙なカラーはSunset Yellow.

フロントシングルのシンプルな操作性&外観は街乗り用途にピッタリです。

フレーム&フォークのポテンシャルはツーリングバイクそのものなので、ドロップハンドルの仲間に混じって、遠くまで足を伸ばすのも良いでしょう◎

まだまだ選択肢の少ないロードプラス(650×47c)の完成車ですが、有力な選択肢となると思います。

既に何度もブログにてアナウンスしておりますが、2018モデルの入荷は極僅かとなっております!!

気になる方は是非一度ご相談下さいね♪



【 ★ツーリング / 通学 バイク & アイテム充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店はこんなショップです。↓

サイクルショップeirin丸太町店

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL  075-231-3598
marutamachi@cycle-eirin.com

月~土 10:00~21:00
日   12:00~21:00
定休日 不定休

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都市内でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用、また通勤用といった初心者向けのスポーツバイクをはじめ、長年中古スポーツサイクルの再生~販売もさせていただいており、国内で入手し難いマニアックなイタリア製バイクや、オーダーメイドなどの取り扱いも積極的に行っております。

スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、”スポーツバイクメインのショップは入りにくい!”というご意見が多い中、一般車の修理もしっかり対応しており、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、毎週行われるサイクリング会をはじめお客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

◆中古自転車、中古部品の買取承っております◆

◆通信販売(オンラインショッピング)◆

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ