BLOGブログ

伝統的なクロモリ旅行用自転車【 MARUISHI / 丸石 】エンペラー ツーリングコンダクター 700cランドナー

2017.06.24 2017モデル , BLOG

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。


【 MARUISHI / 丸石 】エンペラー ツーリングコンダクター 700c

販売価格:¥110.000-(税別)

510mm 適正身長:160cm~173cm(目安)
540mm 適正身長:168cm~182cm(目安)

モデル E-TC
フレームサイズ 510/540
フレーム ラグ式ダブルバテッドオールクロモリ
フロントフォーク ラグ式クロモリ
ヘッド小物 オリジナル輪行ヘッドパーツ
ハンドルバー オリジナルツーリングバー
ハンドルポスト アルミ EXT80mm(510)100mm(540)
Fディレーラー シマノ FD-2403
Rディレーラー シマノ RD-2400
シフトレバー シマノ SL-R400
ブレーキ本体 PROMAX CB-105
ブレーキレバー DIA-COMPE
サドル オリジナル刻印つきサドル
シートポスト アルミ26.8
ギアクランク アンデル48-38-28
フリー シマノ 11-30T 8S
リム ALEX ACE19 700C 36H
タイヤ KENDA 700×32C
ドロヨケ 本所工研分割式アルミポリッシュ
ペダル WELLGOトゥクリップストラップつき
重量 12.2kg(510mm)

メーカーサイトはコチラ


旅する自転車の伝統!丸石の名車ランドナー”エンペラー”を700c化した高速ツーリングモデル、Touring Conductor。

クロモリフレームを軸とした伝統的なルックス、機能性をもつコストパフォーマンス高いランドナー(本モデルは700cホイール採用なので厳密にはランドナーとは言えませんが)をお求めやすい完成車でお探しの方なら、必ずと言っていいほど選択肢にあがるでありましょう、長年各方面から愛され続けております”丸石エンペラー”。

ルックス、価格、機能性。自転車購入時に決め手となるその3つの要素を非常に高いバランスで保つ、旅自転車におけるロングセラー中のロングセラーモデルでありましょう。

有名なところでいうと、やはり本家本元26インチ車輪径をもつ同ブランド、

Touring Master (エンペラー ツーリングマスター)

がありますが、今回紹介するツーリングコンダクターは、ホイール径により高速巡行性の高い700cを採用し且つ32Cのタイヤ幅を確保した”700cランドナー”といったころでしょう。

とはいっても基本はやはりランドナー。タフなフレームに前後キャリアを付けたリアルな長距離自転車にももちろんもってこいであります。


長距離ツーリングにも安心なタフな仕様と、輪行にも便利な機能性をもつ各パーツの紹介。

フレームは、これぞ旅自転車のスタンダードともいえるラグで繋いだクロモリフレームを採用。

アルミやカーボンに比べ重量は増えど、強靭であり細いフォルムのスチールフレームはしなやかな乗り味と高い路面衝撃吸収性を持ち乗り手の疲労を軽減します。また沢山の荷物積載に耐えうる高い耐久性をもちます。

また本フレームはシートポスト径26.8mm(通常クロモリフレームの大半は27.2mm径が採用)を採用し=パイプ自体が肉厚に設定されており、より丈夫なフレームであることが読み取れます。

オリジナル ランドナーバー採用。

ランドナーといえばやはり、このややいかり肩&ハの字型に開いたランドナーハンドルがよく似あいますね。

機能性理屈云々でいうと、現代でいうショートリーチハンドルが理にかなっていると思いますが、やはり似合うものは似合うもの。

より高い耐久性をもつ、36本のスポークで組まれたホイール。

通常この手のホイールは32本のスポークで組まれることが多いですが、より強靭でタフなつくりで多くの荷物を積載した際も安心な36本組ホイールが採用。

前フォークを抜き易くするオリジナル輪行用ヘッドパーツ

丸いパイプが溶接されたヘッドパーツ。ドライバーを差し込みヘッドパーツを回すことができ、ヘッド専用スパナがなくともフロントフォークを抜いたよりコンパクトな輪行が可能。

本所工研製 分割式アルミフェンダー。

今や世界中で評価の高い、ジャパンハンドメイドHONJOのフェンダーが標準採用。

しかも画像にある蝶ネジで分割式が装備されており、フロントフォーク同様よりコンパクトな輪行が可能。

クラシカルなクロモリツーリングにベストマッチ。BROOKS B17 レザーサドルにカスタム。

今回は標準サドルから本革レザーサドル、英国発BROOKSの定番モデルB17にカスタム。

本革のサドルは、野球のグローブのように使えば使うほど味が出るのと同時に乗り手自身のお尻になじみ、非常に良い座り心地を提供する名サドル。


オーダーメイドを除き、10万前後で購入できる完成度の高いランドナーといえば、MARUISHIの他にARAYA、DAVOSなども選択肢に上がると思いますが、本モデルは他モデルが採用する26インチ径と違い、700x32Cを採用しより高い巡行性能を持っている事がポイント。

普段使いや、1DAYツーリングがメインという方にはむしろコチラもオススメですね。

今もなお変わらずにあり続けるこういった伝統的な自転車。ある種進化は止めたかと思われがちですが、

いまだ無くならずに存在しつづける理由にはむしろその完成度の高さが故でしょう。

>>>>↓↓カスタム例はコチラ↓↓<<<<

【 700Cツーリング 】Touring Conductor 

 




【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

 

 

  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)