BLOGブログ

奇跡の快晴!今年も乗鞍ヒルクライム行ってまいりました~

2019.09.23 BLOG , eirin丸太町店 , サイクリングレポート , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

昨日は、毎年夏の当店恒例行事となっております、自転車で登れる国内最高標高『2700m』!!乗鞍岳頂上を目指すサイクリング会でお馴染み?

eirin丸太町店【勝手に乗鞍ヒルクライム 2019】に行ってきました!

毎年の事ではありますが、2000m台の高山なだけあって天候もかなり不安定。雨/風/霧のどれか一つでも出ていようものならば通行止めなんてこともしばしば…

実際に昨年は乗鞍スカイラインがガスによる通行止めで急遽、長野県側の乗鞍エコーラインにルートを変更となったりしました●

今年も前日までは曇りのち雨の予報、なんなら台風まで来てるという昨年を上回る悪天候の予定が出ておりましたが奇跡!一昨年同様に抜群の絶景の中を乗鞍スカイライン側から登る事が出来ました●


昨年の反省も活かしてスタート前に平湯ゲート前で通行許可を確認したおかげで皆ウキウキ気分で前菜の平湯峠を登っていきます◎

18kmも続く長いヒルクライムの前哨戦、実はこの前半が一番しんどかったり…

無事、平湯峠頂上に到着。ここからが本番!という事で入念なストレッチも◎

いざスタート!といってもスカイラインの序盤は木々の生い茂った景色の中を走っていきます。それでは一般車両の来ない交通量の少ない道というのは実にストレスフリーで気持ちが良い◎

今回、一番遠方からお越しいただいた初参加のHさん。ALANのグラベルロードで一番スイスイ登ってました、スゴイ…

カメラ向けたら、絶対に笑顔で返してくれる、楽しんでいただけたようで何よりです!!

ほどなくすれば、一発目の休憩ポイント夫婦松に到着◎ここもすでに雲を下目に見る抜群のビューポイント。

サクッと記念撮影を済ませたら、再スタート。ここら辺から徐々に周りの木々が低くなってきて、森林限界が近づいているのを感じますね◎

 

そして、ついに来た!高木が生育できない森林のない開けた区間『森林限界』でございますよ~

個人的にもスカイラインで割りと好きなポイントがこのヘアピン。京都界隈の峠ではお目にかかる事のないスケールの大きなつづら折れは見る価値ありです◎

このつづら折れまで来ればもう少し!ここまで夢中で登ってきたので一旦休憩、標高高い事もあって風は強めですが日差しが程よくあったかいですね。

既に補給食の袋もパンパン。流石、2000mオーバー、何故かコレを見ると高いところまで来たなーと実感できる山あるある。

そして、スカイラインのゴール直前、最後のお楽しみポイント!平坦区間ですよ!

カルスト地形のような山頂目前の開けた区間を走り抜ける抜群の爽快感◎

そんな平坦区間を抜ければラストスパート。すでに18km近くのヒルクライムでへとへとですが、振り絞って登り切ります!

今回、最年少で初参加のHくんはBREEZERのアドベンチャーバイクRADAREXPERTをオンロード仕様にカスタマイズ。

自転車乗りはじめてまだ数ヶ月、登っている間は苦悶の表情もチラチラ見えてましたがよく頑張った!

頂上の景色もバッチリ!昨年は頂上はガスで真っ白だっただけにこの景色の感動も大きいですね◎

ちなみに昨年登った松本側はというと、なかなかのガスっぷり。

頂上に着いたら、一息ついて最後の記念撮影をパシャリ◎

せっかくなのでここらへんでハイキングとシャレこみたいところですが、みるみるうちにガスも出てきたし、近づく台風も気になるので早めに下り始めますよ~

下りも慌てず、落ち着いてゆっくり下って乗鞍ヒルクライム、今年も無事終了。いやぁ、ホント長い様であっという間におわっちゃいますね~

毎度の事ながら、天候に左右される何とも運任せなところの多いイベントですが、それだけにコンディションが良かった時の楽しさは格別◎

終わって、そのまま車で京都にとんぼ返りして、昨晩は泥のように眠りましたが今日になるともう既に乗鞍おかわりしたくなっておりますね~

来年は是非とも時間作って、乗鞍ヒルクライム⇒現地でキャンプ⇒翌日おかわりヒルクライムなんて感じで丸2日でやってみたいですね~

僕らも夏のイベントはコレにて終了ですが、来月・再来月とイベント予定がまだまだ盛沢山だったり…楽しいイベントになるように絶賛企画中ですのでアナウンスまで乞うご期待下さい!

何はともあれ今年もお疲れ様でした★!!


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆




【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しております「サイクルショップeirin丸太町店」&「サイクルハテナ(別館)」はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)