BLOGブログ

バイクチェック 【 ALAN BIKES / アラン 】”Super Gravel Scandium(スーパー グラベル スカンジウム)” DI2(電動)コンポ+650Bホイール完成車

2019.06.30 2019モデル(NEW) , ALAN(アラン) , BLOG , eirin丸太町店 , グラベルロード , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館) , フレーム

先日の美山100㎞サイクリングが待望のシェイクダウンでした~!

【 ALAN BIKES / アラン 】”Super Gravel Scandium(スーパー グラベル スカンジウム)~DI2(電動)コンポ+ 650Bホイール完成車~

SADDLE Fi’zi:k TUNDRA 00 CARBON BRAIDED
BRAKE BR-RS785
STEM Fi’zi:k Cyrano R1
BOTTLE CAGE ELITE CIUSSI INOX
BARTAPE Fi’zi:k TERRA
TIRE WTB VENTURE 650B×47c
WHEELS DT X1700
HANDLE Fi’zi:k Cyrano R3 BULL
CHAINRING SUGINO 44-34
PEDAL CRANKBROTHERS EG BEATER3
CRANKSET ROTOR 3D
COMPONENTS SHIMANO 6870DI2 ULTEGRA

【 ALAN(アラン) BIKES 】”Super Gravel Scandium(スーパーグラベルスカンジウム)” フレームセット

フレーム&フォークセット販売価格:¥203.704-(税別)

*ALAN各モデル本国からのオーダー品となります。価格は為替により随時変更する場合ございます。

*納期:注文から2~3か月程

ALANブランドホームページはコチラ

Handmade Scandium 7000 alloy frame- weight 1.500 g
Sizes: S-M-L-XL-XXL or custom size on request
Eyelets to support frame/fork mounted racks and mudguards
flat mounts disc brake
rear t/axle 12x142mm – front t/axle 12×100
Bottom bracket BSA threaded
Seat tube ID 27,2 mm
Monocoque carbon fork weight 450 g
Tapered headtube 1”1/8 top – 1”1/2 bottom
Integrated Headset included

Handmade in Italy, custom geometry, custom options.
The Scandium 7000 tubes provide an high level of stiffness and lightness with exceptional comfort riding any type of road or hardpack trail surface.
Full carbon fork, flat mounts disc brakes, tire clearance allow for wide 700X42 or 650b x50

~ALAN関連のブログはコチラ~

*画像はLサイズ

ベースカラーラインナップ: SGS1 ORANGE – SGS2 GREEN – SGS3 BLUE – SGS4 CELESTE

*ALANはある程度簡易的にではありますが+@¥15.000-(税別)程のチャージアップでカラーオーダーも承れます。(繊細・微妙な風合い・デザイン等はご遠慮願います)

今回は標準ラインナップにはないパープルでオーダーさせていただきました。


昨今、当たり前にあるアルミフレームやカーボンフレーム、それを世界で最初に世の中に商品として送り出し、アルカンシェルが物語るようにその後シクロクロスにおいては数々の世界チャンピオンを輩出した背景をもつ歴史ある名イタリアンバイクブランド「ALAN」。

今現在となっては日本国内で、かつてのような大幅なプロモーションをされることは少なくなりましたが、もちろんブランドは今もイタリアで健在。

世界中殆どのブランドが台湾でのOEM生産にその製造ラインをゆだねる中、アランはいまだイタリアの自社工房内でフレームを製造(一部のモデルを除く)しており、こちらからのオーダーを元より本国でハンドメイド生産されたフレームが輸入代理店を通して我々の手元にやってきます。

=ALAN本国ホームページはコチラ=


スカンジウムパイプ&テーパーヘッド仕様フルカーボンフォークを採用した”軽量”グラベルバイク

本モデルは、ハイドロフォーミング技術の大幅な向上さながら、合金チューブのネガ(過剰な硬さ)を取り除くことに成功し、”カーボンキラー”として近年高く再評価される「スカンジウムチューブ」を採用しております。

(スカンジウムチューブ詳細はこちらもお読みください)

グラベルバイクといえば、荷物の積載やダートコース走行での安心感をふまえた強度重視(その分重量が重い)のモデルがほとんど。

確かにその視点のみクローズアップすれば、それがメリットであることは間違いありません。

しかしながら、いつこけるか?こけた時に必ず折れるのか? 結論上誰も分からないにも関わらず、そのネガティブだけの為に、スポーツバイクテクノロジーの歴史における恩恵の中心「軽さ=人(エンジン)を楽にさせる」というメリットを捨てるという、その”一択”のみに収まるというものもいかがなものかと。

日本は島国=山ばかり。むしろ海外のような数十キロ~数百キロと続く平坦ジープロードのコースレイアウトを作ることはほぼ無理であり、オンロード/オフロード問わず 即”登り”にぶつかります。

グラベルバイクが大いに役立つアドベンチャーライドともなれば、時には林道区間を担いで/押してクリアすることすらも冒険心がくすぐられる面白みの一つでありましょう。

そんなアップダウンが多く現れる日本国内において、スカンジウムやカーボンのように軽く高剛性なフレームを採用したツーリングバイクも、それはそれでしっかりメリットがあると思えます。

世の中にある選択肢の少なさふまえ まだまだ業界の主流になることはないと思いますが、「スカンジウムパイプ」や「カーボン」を採用した軽量グラベルロードが今後更に評価されてよいのになと思います。


操作簡単&ストレスフリー 「SHIMANO DI2(電動コンポーネント)」採用

今回は今後機械式に変更する事もあるかも?という事で、DI2専用設計でのオーダーはしておりませんが、フレームにちょこっと加工をしてSHIMANO ULTEGRAグレードのDI2(電動)コンポーネント仕様で組付けしました。

バッテリーはシートポスト内に、配線もダウンチューブに内臓しておりますので見た目もすっきり。

機械式と違って変速操作はボタンのみ。

レバーを奥にグイっと押し込まなくてもシフトする単純簡単な操作性。

一度設定すれば、転倒してハンガーを曲げた利しない限り基本変速の調整は狂う事もありません。

自動で調整されるトリム調整。 故障実績少ない高い品質。一回充電満タン時から700㎞ほどは持つ(シマノ参考公表)バッテリーのもち。ボタンを長押しすればその分変速。etc、、、。

機械式よりもコスト7万ほどアップする費用対効果の判断は人それぞれでありましょうが、使い勝手良いことは間違いありません。


グラベル~林道区間での優位性。650Bホイール&650Bx47Cロードプラスタイヤ

フレームクリアランスは700X42 or 650b x50設計という事で、今回がグラベル~林道区間を重視した WTB VENTURE650Bx47C仕様で。

高速の巡行性においては、やや700Cに軍配あがる印象ですが、僕の走り方なら正直充分なもの。

それよりもスポーク長短い分高剛性⇒低速時からの力のダイレクト感、タイヤ太い分ダートコース時の下りの安定感/登りのトラクション効果は当然◎。

ホイールは、DT SWISS製 MTBクロスカントリーラインにおけるアルミリム採用ミドルグレード「X1700」。

フリーボディ➡ロード11速用、フロントスルーアクスル用アダプターを15mm➡12mmにカスタムしてロード⇔MTBの互換性をクリアさせております。

DTのフリーハブは構造も実にシンプルなもの。工具なしで分解でき、グリスアップやラチェットの摩耗チェックなど実に容易。

フレームサイズが違いますが(下段2台ともSサイズ)700Cと650Bとでは、フレームとのクリアランスが違いますね~!

サイズ違いのホイールセットを用意しておけばコースレイアウトによって使い分けもできる楽しみ方も。

因みに立て続けに納車されたアンスラサイトカラーでオーダーされた同モデルの紹介はまた後日~~★


ALANグラベルバイクラインナップに、同じくスカンジウムパイプ採用に加え、待望のフォークサイド/ダウンチューブ裏にアイレットが用意され、より荷物の積載に適したNEWモデル「SUPER GRAVEL SCANDIUM GT」も発表されております!ぜひこちらにもご注目を!

(ご購入検討の方は価格等お問い合わせくださいませ!)


 










【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)