BLOGブログ

「5/14~6/20」グラベル・アドベンチャーバイクからシクロクロスまで幅広いバイクが揃うジャーマンブランド【BOMBTRACK(ボムトラック】試乗会開催!

2021.05.10 2021モデル , BLOG , eirin丸太町店 , MTB , イベント , グラベルロード , クロスバイク , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館) , シクロクロス , ツーリングバイク

この度、多目的スチールフレームのARISEや、グラベルバイクのHOOK、ハードテールアドベンチャーMTBのCALE、超長距離ツーリング用のBEYONDなど、”自転車×アウトドア” にまつわる、他社総合ブランドとは一味違う様々なバイクが展開されているドイツブランド「BOMBTRACK」の新規取り扱いを開始いたします。

それに伴い、

サイクルハテナにて「BOMBTRACK POP UP SHOP」2021年5月14日(金)~6月20日(日)を開催いたします!

※試乗車は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。また試乗車の到着が予定時刻より遅れる場合がございますので、ご来店前にご確認をお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の際はマスク着用等の予防策、また少人数でのご来店をお願い申し上げます。

様々な車種をラインナップする総合ブランドながらもドイツブランドという事もあって、大手有名ブランドは勿論の事、BREEZERやKONAといった当店お馴染みのブランドともこれまた一味違う「ボムトラック」の試乗車がやってきます。

コロナ過により我々ショップ向けの対面展示会が開催されなかった今期。

我々も現物を確認するのは初めてです!とても楽しみ!

◆【BOMBTRACK(ボムトラック】ブランドの説明

BMXを得意とするWe Make Things社傘下にあるドイツのケルンに拠点を置くボムトラック。

We Make Thingsが20年間一緒にバイクを生産してきたチームが設計、製造、組み立てを行っており、その背景には高品質のバイクを生産してきた知識と経験があり、バイクが好きな人であるほど理解できる細部へのこだわりや品質の高さを感じられます。

フレームの使用素材はクロモリがメインですが、それのみに留まらずシクロクロスのレースシーンやトレイルライドでは軽量高剛性なアルミやカーボン素材のフレームも採用し、”自転車×アウトドア” というテーマ性に沿ったラインナップを多く持ち、

ドイツブランドという事さながら、その高い注目度の発端ともいえる北米を拠点に持つブランドともまた一味違った、またひと解釈加えた作り込みが魅力のブランドです。

<<ボムトラックホームページはコチラ>>

その魅力的な各モデルは”数々の現場”から生み出されます。

世界で最も過酷なシクロクロス・レース。1961年からヨークシャー・デイルズ国立公園で開催されている(その後のアドベンチャー・レースの起源と言える)スリー・ピークスなどの現場で鍛えられたその見解は、まさしく「デスクリアル」ではなく「ユーザーリアル」が落とし込まれている事でしょう。

BOMBTRACKの歴史はコチラ

BOMBTRACKを生み出す人々はコチラ

BOMBTRACK FAMILYはコチラ

その現場から踏襲される”遊び心”たっぷりな各モデル、また熱いフィーリング≒ヤンチャなイメージあるブランド名ながらも、その各ラインナップからどこか我々日本人にとっては喜ばしい「質実剛健さ」を感じれるのは、工業製品において圧倒的に品質の高さを求めるドイツブランドならではでしょうか。

自転車旅の短編映画『LOST CAPTURES』(日本語字幕付)

自転車を愛するマティは祖父の死後まもなく、遺品から祖父が作った写真集を発掘して初めて、60年前に祖父が自転車でノルウェーを旅した事実を知りました。

祖父は無口で、自転車の話は一度も聞いたことがありませんでしたが、1950年代に旅した彼のことを想い、少しでも彼の旅の軌跡を辿って記念に残し、同じ場所や美しい景色を見に行かなければならないと思い立ちました。

この短編映画は、マティのパートナーであるクレアと一緒にカップルで険しくも美しいノルウェーを巡る旅の記録です。

祖父が語らずにこの世を去ってしまった『LOST CAPTURES (失われた記憶)』を見つけることができるか、自転車旅のリアリティを感じながら、冒険心を刺激してくれる短編映画です。


◆【BOMBTRACK(ボムトラック】ラインナップ

 

<<ボムトラック2021モデルPDFカタログはコチラ>>

ボムトラックは下記カテゴリーをベースに、価格、カラーリング、機能仕様等に幅を持たせラインナップしております。

・マルチツーリングバイク:ARISE(アライズ)シリーズ

・グラベル・トレイルバイク:HOOK(フック)シリーズ

・エクストリーム・ツーリングバイク:BEYOND(ビヨンド)シリーズ

・ツーリングMTB:CALE(ケイル)シリーズ

・シクロクロス:TENSION(テンション)シリーズ

・ロングライド~ブルベ:AUDAX(オダックス)シリーズ

・シティカーゴ:MUNROE CARGO(マンロー・カーゴ)

・シティクロス:MUNROE (マンロー)

従来の総合ブランドの主が価格含めた機能効率性を思い求める一辺倒に対しボムトラックのラインナップは、そこに加え、既成の概念から逸脱せんとする「新しい自転車生活のスタイル」が表現されているように思います。


◆【BOMBTRACK(ボムトラック】試乗車(予定)5/14~6/20

今回の試乗会においては輸入代理店様のご厚意により下記モデルが店頭にやってきます。上記期間の間ご試乗いただけますので是非この機会をご活用頂ければ幸いです。

※試乗車は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。また試乗車の到着が予定時刻より遅れる場合がございますので、ご来店前にご確認をお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の際はマスク着用等の予防策、また少人数でのご来店をお願い申し上げます。

BEYOND +(ビヨンド プラス)

販売価格;¥248,000 (税込¥272,800)

試乗車サイズ:M-46

販売価格/ジオメトリー/仕様などはこちら

エクストリームなクロスオーバー・ツーリング

フルリジッドMTBを基軸とした「BEYOND + (ビヨンド・プラス)」は、舗装路を走り、グラベルを走り、さらにはトレイルをも乗り越えつつ、目的地を目指すためのクロスオーバー・ツーリング・バイクだ。

路面追従性に優れたフレーム、1×12のドライブ、極太タイヤに対応するクリアランスなどの最新ハードテイルMTB、ファットバイクのテクノロジーに加え、フレームにケージマウント、ラックマウントを多数装備、アルミフォークを組み合わせることでツーリングバイクとしての性能を強化。

自らの限界を迎えるためにこれほど適した相棒はないだろう。

ARISE(アライズ)

販売価格:¥168,000 (税込¥184,800)

試乗車サイズ:M-52

販売価格/ジオメトリー/仕様などはこちら

ドロップハンドル・細身のクロモリフレーム・シングルギアといったアクティブな走りを予感させるグラベルバイクやツーリングバイクから踏襲された太めのタイヤ&ディスクブレーキが搭載された「ARISE(アライズ)」。

ライダーの疲労を抑える乗り心地、多数のオプションを搭載できる積載性能、特殊なパーツを減らし修理を容易にするサバイバビリティなどを当たり前のように備える。

標準で採用されるシングルギアはフロントにナローワイドチェーンリングを装備し、11速へのアップグレード(別売)もスマートに可能。

BEYOND 2 (ビヨンド2)

販売価格:¥298,000 (税込¥327,800)

試乗車サイズ:M-48

販売価格/ジオメトリー/仕様などはこちら

大陸横断をも可能にするエクストリーム・ツアラー

「BEYOND(ビヨンド)」は、山脈を超えながら大陸を横断するような、潮風に吹きさらされながら海岸線を旅するような、エクストリーム・ツーリングを愛するサイクリストのために作られた。

マウンテンバイクを彷彿とさせる、スローピング・フレーム、トレール角の大きなフロントフォーク、柔軟性を持たせ、体力の消耗を小さくする長めのチェーンステイなど、すべてはツーリングのため。

コンサバティブなパーツを多く用い、ツーリングのトラブルにも強いのも魅力です。

CALE(ケイル)

販売価格:¥398,000 (税込¥437,800)

試乗車サイズ:M-43

販売価格/ジオメトリー/仕様などはこちら

経験が生み出すツーリングMTBの最適解

CALE(ケイル)は、エクストリーム・ツーリング・バイク「BEYOND」のテクノロジーとコンセプトに加え、フロントサスペンションを備えることでさらに悪路への対応を強めたツーリングMTB。

ハードテイルで適度なスタックハイトを持つフレームは、悪路走破性を高めるしなやかさ、また超長距離を走りぬくだけのレスポンスを高次元でバランスさせている。また、フェンダー、ラックを取り付けるための豊富なマウントポイントを備えております。


A Journey Beyond

マーク・マウラーはアウトドアアドベンチャーの中毒者であるマーク・マウラーさんによる、タジキスタンのドゥシャンベからキルギス共和国ビシュケクまで向かって蛇行する道を自転車で走り、その道中で両国の広大な範囲を未舗装路で走った旅のドキュメンタリー動画。

故カイル・デンプスターの自由奔放な精神にインスパイアされたマークは、事前に綿密な計画を立てるのではなく、ルートが目的地になるような旅のスタイルを選んでいます。

何キロ走ったか、何メートル登ったか、ギアの重さや座標の精度など重要ではありません。どれだけ走ることを楽しめたかが全てです。

インターネットによる情報社会が著しく発展する中、ついつい機能面や数字など、所謂「モノ」に常に振り回されつつあるように思える世の中に対しての批評軸とも感じられる本動画&説明文。

ボムトラックはそんな「乗って結果 “楽しむため”にあるもの」という「自転車の原点」に立ち返らせてくれるブランドかもしれませんね。





【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しております「サイクルショップeirin丸太町店」&「サイクルハテナ(別館)」はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    修理専用ダイアル
    075-708-3922
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月〜日
    12:00~20:00
    定休日
    水曜日

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)