BLOGブログ

びっくり!これは実にお買い得なスペック!グラベル/アドベンチャー ロードバイク【 GARNEAU / ガノー 2018モデル 】GARIBALDI(ガリバルディ) G2 & G3

2018.05.27 2018モデル(NEW) , BLOG , eirin丸太町店 , グラベルロード , サイクルハテナ(eirin丸太町店別館)

【ロードバイク・シクロクロス・グラベル・クロスバイク 等 初心者の方もお任せください】

京都市内で営業しております

サイクルショップEIRIN丸太町店 & サイクルハテナ 」です。


5月の末に近づき、2018年度ももうすぐ半分。

大手ブランドラインナップの中にはチラホラと”完売モデル”が出てきているこの時期に、実に遅れて入荷してきましたコチラ!

これは遅れた分のメリットでありましょうか!あらためてスペックを見てみるとびっくり!まごう事無きお買い得ですよ!?

超ハイコストパフォーマンス! グラベル/アドベンチャー ロードバイク【GARNEAU / ガノー 2018モデル 】GARIBALDI(ガリバルディ) G2 & G3

当店取り扱いメインブランド【グラベル系バイク2018モデル】を総まとめしてみました!

上記リンク先にある僕の労働の賜物、【グラベル系バイク2018モデル】総まとめブログも更新しておきましたが、このGARIBALDIシリーズ。

両モデルともに同価格帯比で他社モデルと比較してみれば一目瞭然ですが、明らかに優れたパフォーマンスとなっておりますね!

<GARNEAU(ガノ-) 日本ホームページはコチラ>

ガノーと言えば、日本では本家からスピンオフされたカジュアル志向に強い”ルイガノ”のイメージが強いと思いますが、それとは”殆ど別”と言っても過言ではないこちらが本元となるオリジナルブランド。

我々の地元京都にとってはなじみ深い、全日本選手権の常連”京都産業大学”へのサポート強化を図る、他社大手ブランドと競合する高い技術を持ったスポーツバイクブランドであります。

イタリアから未開拓だったカナダの大自然に相手に知らない土地を前へ進んだ、今やカナダでは冒険家の代名詞ともなったガリバルディ卿からネーミングされた本モデル。彼の象徴である口ひげを、GARIBALDI ファミリーのアイコンとしております。

本モデルは標準タイヤ幅35C(最大クリアランス40c)、ドロップハンドル、ディスクブレーキを採用し、マルチな使い方を可能とした”アドベンチャーロード”モデルとなります。


【GARNEAU / ガノー 2018モデル 】GARIBALDI(ガリバルディ) G2

定価:¥139.000-(税別)⇒当店販売価格:¥130.250-(税別)

カラー:RACING RED

サイズ:470.500.530

メインコンポ:shimano TIAGRA 2x10SPEED

ハブ以外クランク含めshimano TIAGRA 20SPEEDコンポで統一。

テーパーヘッド仕様の軽量フルカーボンフォークに加え、シートピラーもカーボン製を採用、

且つ同価格帯クラス唯一でしょう、ねじれに強く、安全、ディスクブレーキとの相性も良い”スルーアクスル規格”となっております。

また標準仕様でチューブレスレディタイヤが用意されておりますので、軽量&乗り心地の良いチューブレス仕様へスマートにカスタムが可能となっております。


【GARNEAU / ガノー 2018モデル 】GARIBALDI(ガリバルディ) G3

定価:¥99.000-(税別)⇒当店販売価格:¥94.050-(税別)

カラー:TEAL、CHARCOAL

サイズ:470.500.530

メインコンポ:shimano SORA 2x9SPEED

他社モデル同価格帯比でも比べても1ランク上のコンポーネント、shimano SORA 2x9SPEEDが採用されている点は明らかにアドバンテージである上に、更にこの価格にも関わらずコラムまでカーボン製の軽量フルカーボンフォークが採用されております。

またクランクやハブなど、低価格帯によくみられるコストダウン部分もしっかりSHIMANO製、また実に有難い事にブレーキングパワーに大きく影響するディスクローターにもSM-RT10 とshimano製(G2ともに)が採用されております。


GARIBALDI(ガリバルディ) G2・G3 共通スペック

スルーアクスル、クイックと規格の差異はあれど両モデルともに、明らかに加速性/登り区間にて軽い走りを提供するフルカーボンフォークを採用。

流線フォルムが美しいアルミフレームは、明らかに軽さと剛性、また路面衝撃吸収性を狙った”ハイドロフォーミング”成型されたもの。

扁平加工されたシートステーデザイン等を見ると、”アルミ=硬い乗り味”という意見はすっかり過去の物と言えましょう。

ワイヤー類はフレーム内蔵となっておりすっきりとしておりますね。

リアキャリア、前後フェンダーダボ(G2はリアのみ)、フレームのWボトル台座に加え、ダウンチューブ裏にもボトル台座が配備。

タイヤにはアスファルト面~林道・砂利道などへのアクセスを目論む”ENDA FLINTRIDGE PRO 700X35C”(G2はケブラービード チューブレスレディ、G3にはワイヤービードの廉価版)が用意され、最大タイヤ幅40mmのフレームクリアランスを確保しております。

またリムには高剛性お馴染みWTB製であり内幅19mmのもの。⇒アスファルトをより軽く走れる27Cなど細いタイヤへのカスタムもOK。

自転車をゲットする上においては、当然ですがお金が必要です。そのお金という価値基準を”より高性能な走り”というベクトルに照準を合わすならば、間違いなくお買い得である本モデル。これは侮れないですぞ!



【 ★ロードバイク / グラベル・ツーリング / 通学 バイク & アイテム 充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店&サイクルハテナ(別館)はこんなお店です。↓

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクをはじめ、上級者向けのモデル~マニアックなイタリア製バイクやオーダーメイドなど、またそれにまつわるパーツやアパレルなどの取り扱いも積極的に行っております。
基本スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、一般車の修理もしっかり対応しています(eirin丸太町店でのみ対応)。
更に2018年3月からは既存店:eirin丸太町店のすぐ斜め向かいに“別館”として「サイクルハテナ」をNEWオープン!グラベルロードやツーリングバイク、それにまつわるアパレルやパーツ、バイクパッキングを始めとしたツーリング系アイテム、またキャンプグッズなど、今までの自転車屋の既成概念にとらわれることなくスタッフ自身が本音で良いと思えるアイテムをセレクト~販売もさせて頂いております。
eirin丸太町店&サイクルハテナでは、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、お客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
  • 【サイクルショップeirin 丸太町店】
    京都府京都市上京区高島町338-2
    TEL
    075-231-3598
    月~土
    10:00~21:00 / 日 12:00~21:00
    定休日
    不定休
  • 【サイクルハテナ(丸太町店別館)】
    京都市上京区河原町通り丸太町上がる桝屋町367
    TEL
    075-585-5955
    月~土
    10:00~20:00 / 日 12:00~20:00
    定休日
    不定休

京都市河原町丸太町交差点の南西角に位置する【サイクルショップエイリン丸太町店】とその交差点斜め向かいの別館【サイクルハテナ】は、中古スポーツ自転車をはじめ、通学用 通勤用といった初心者向けのクロスバイクやロードバイクは勿論、グラベルロードやシクロクロス、それに伴うカスタムパーツをはじめ、バイクパッキングアイテムといったツーリング・キャンプサイクリングに便利なアウトドアギアも専門的に取り扱っております。
今までのサイクルショップの既成概念にとらわれることなく、スタッフ自身がいちユーザーとして本音で良いと思えるアイテムをセレクトし、”自転車を楽しむ”事をモットーに日々営業させて頂いております。 (主要取扱ブランド:ジャイアント・パナソニックオーダー・コナ・ブリーザー・ロイヤルノートン・フジ・ビアンキ・ジオス・ジェイミス・フェルト・GT・マージ・アラン・ブルーノ・ローローマウンテンワークス・ブルックス・ブルーラグ・シムワークス・ベロオレンジ・アピデュラ・リンタマン・ジロ etc)