FEATURE特集

~アルミ / カーボンフレームのパイオニア~ hand made ITALY 【 ALAN BIKES / アランバイクス 】

昨今当たり前にあるアルミフレームやカーボンフレーム、それをいち早く世の中に商品として送り出し、数々の世界チャンピオンを輩出した背景をもつ歴史ある名イタリアンバイクブランド、「ALAN」。

今となっては日本国内において、かつてのような大幅なプロモーションをされることは少なくなりましたが、もちろんブランドは今もイタリアで健在。

世界中殆どのブランドが台湾でのOEM生産にその製造ラインをゆだねる中、アランはいまだイタリアの自社工房内でフレームを製造(一部のモデルを除く)しており、こちらからのオーダーを元より本国でハンドメイド生産されたフレームが輸入代理店を通して我々の手元にやってきます。

>>>ALANBIKESホームページはコチラ<<<

その昔から変わらない生産体制を背景に、とってつけた訳ではない理由ある種クラシカルとも言えるルックスと現在進行形のテクノロジーを絶妙なバランスで併せ持ち、また決して高額ではない価格設定のラインナップを多くもつALAN。

そのようなブランドは世界各国のバイクブランドを見渡してもそうそう見当たりませんね。

まさしくそれは、オンリーワンな立ち位置。個人的にもその絶妙な立ち振る舞いに惹かれてしまった一人であります。



【 1972年~アルミ・カーボン製フレームを世界で初めて世に送り出した最初の会社”ALAN” 】

1972年創業のALANは全てをアルミニウムで出来たフレームセットを紹介した最初の会社です。また数年後の1976年、アランは再びトレカ・カーボンファイバーチューブを鋳造アルミラグに接着するというカーボンフレームの開発・製造で、再び最初の会社となりました。 今ではごく当たり前となったアルミフレームやカーボンフレーム、実はALANがパイオニアとしてあったわけです。

以前のBLOGでも記載してあるのですが、ALANの歴史をここでも改めて掲載。


Alanは工学博士ロドヴィゴ・ファルコー二によって1972年に設立された。 彼は特許を開発したが、それは軽アルミ合金や従来の溶接に適していない材料で、自転車のフレームを作る特殊かつ新しい施工方法を指す。 ”Alan”の名前は工学博士ファルコー二の子の名に由来している。アルバートAlbato( AL)とアンナマリーアAnnamaria( AN ) 。

軽合金で自転車のフレームを構築するという考えは、ファルコー二によって1971年に誕生しました。 既にサイクル産業(Campagnolo e manubri della TTT di Torino製品 )には、軽アルミ合金でパーツを構築していたので、この材料を用いてフレームも作れると考えられた。

すぐに仕事に取りかかり、より最適な合金や接着剤の様々なテストをした後、実際、1972年にALAN製のフレームの生産と販売を開始した。

特許の構築方法は非常にシンプルである。それは両端にチューブをねじ込み、様々な接合でそれらを挿入し、航空産業で使用される接着剤を接合しながらねじ込まれている。すべては、フレームの完璧なセンタリングの為の組み立ての型板(マスク)上に一緒にされた。
この時ではかなり新しい試みであったので、軽合金での接合を手作りで生産し、チューブ上にさまざまな加工をする必要があった。

フレームは軽量でかつ機能的、さらには様々な専門分野にて絶対的に適しているという特性によりすぐに大きな技術革新となった。(ヨーロッパ以外の他国でアルミのフレームを採用していた製作者を除き、鋼のフレームの製作者からの止まない批判にもかかわらず)

次いで、軽合金のチューブを用いて、非常に軽くかつ耐久性のあるカーボンファイバーのチューブも採用された。カーボンファイバーのチューブの使用は東レにリクエストされた (1976年に優れた結果を得た“日本車両検査協会”で検査されたチューブ)

パリ( 1977年)でのフェアで、チューブの製造業者を見つけ、その結果、同じ軽合金の生産を開始できた。アランは軽合金のフレームもアラン製のカーボンファイバーのチューブも実現させた世界で最初といえます。


【 数々の世界チャンピオンを輩出したブランドこそ許されるアルカンシェルデザイン 】

ALANフレームの大半に記されるこの虹色の帯デザイン。アルカンシェルと呼ばれる世界チャンピオンを輩出したブランドにのみ許されるデザインであり、そこにも由緒正しいブランドであることが理解でき、そのビンテージ感溢れるロゴやデザイン、ただ単にとって付けたようなモノではなく、あくまでもその歴史的背景あってのもの。

ましてや、アルミやカーボン製フレームを世界で初めて商品化したALAN。デザインにリアルさ、理由が感じられます。


【 handmade in ITALY 】

冒頭にもありますが、ALANBIKESの殆どのモデルはイタリアの自社工房内で職人一人ひとりの手によってハンドメイド生産され我々の手元にやってきます。そのハンドメイドモデルには上画像にある”PRODOTTO ITALIANO”というロゴが配置されます。

今やイタリアンブランド、アメリカンブランドの殆どがGIANT、MERIDA、アイディアルといった台湾のOEM生産にその製造をゆだねる中、、未だこうやって実際にイタリアでハンドメイド製作されるアルミフレームは殆ど入手不可。非常に希少価値高いフレームです。

またその希少価値に加えそのリーズナブルな価格設定も大きなメリットの1つでしょう。

アランは基本的に、国内での在庫等はほとんどなくオーダー制をとらせていただいております。その分下記PDFカタログをご覧いただいてもお分かりいただけるかと思いますが、非常に多くのサイズランナップやカラーセミオーダーが出来るモデルなどもございます。

こちらからオーダーをかけ、本国イタリアで生産され輸入代理店(コチラ)のチェックを元に我々の手元にやってくる。少しお時間をとらせますがその待つという時間を楽しむのも一興ですね。(イタリアにはバカンスという文化がございますので夏場は納期が延びますのであしからず)

↓ALAN BIKES 2017 CATAROGUEは下画像をクリック↓

↓ALAN BIKES 2017 日本価格は下画像をクリック↓


当店スタッフもALANBIKEを愛用しております。


当店は日本国内では珍しいALANの販売店。もちろんスタッフ自身も普段のシクロクロスレースや、グラベルツーリング、バイクパッキングライドなど普段の自転車遊びのお供としてアランバイクを愛用しております。

少々ファッション的な考え方とも言えますが他人と被らないその立ち位置、スペック、デザイン、そして価格面。やはり自分自身でも買ってよかったなと思える自転車です。

スポーツバイクブランド、選ぶ人それぞれ好みはありますでしょうが、この記事をきかっけにALANが素晴らしいバイクブランドである事が現在の日本でもっと認知していただくきっかけになれば幸いです。


【 ALAN / アラン 】CROSS MERCURIAL PRO シクロクロス試乗車のご案内

当店ではシクロクロスモデルのCROSS MERCURIAL PROの試乗車を用意しております。詳しくはコチラ (ペダルはご用意下さいませ)

フレームサイズ:シート540mm(C-T)、トップ530mm(C-C)

適応身長:約167~178cm

(主な使用)

コンポーネント:SHIMANO105

ブレーキ:TRP CX9 ミニV

ホイール:NO TUBES R340+TNIハブ

見た目の雰囲気はもちろん、乗り味なども是非お確かめいただければ幸いです!

>>ALAN BIKESに関する当店ブログはコチラ<<

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ