FEATURE特集

ツーリングに行こう

自転車で、旅行(ツーリング)に出かけよう


お気に入りの自転車でどこへ出かけますか?
通勤・通学・お買い物といったいわゆる街乗りもよし、近所を巡るポタリングを楽しむもよし、でもせっかくだから自転車旅(ツーリング)をしてみませんか?

もちろん日帰りだって立派なツーリング。電車での移動をミックスした輪行サイクリングなんてのもあります。はたまた世界を股に掛けた本格的な長距離自転車旅行まで、ひと言に自転車旅(ツーリング)といってもスタイルは様々。
走りたい距離や行きたい場所、やりたいことによって自転車の装備を変えてみたり、旅の計画を立てながらあれこれ準備をするのもまた楽しい時間。
パニアバッグやフロントバッグ、大容量のサドルバッグなどのバイクパッキングアイテムに便利でかっこいい旅の道具を詰め込んで、自由気ままな冒険に出発しましょう。
そこには車やオートバイでは見落としがちな発見と情緒が待っています。「自転車のスピード」だからこそ味わえる空気・音・風景があるのです。

自転車旅(ツーリング)には「こうでないとダメ!」という決まりが一切ありません。
標高1000メートルの峠の頂上にたどり着いた達成感を味わいますか?それともご当地グルメを堪能しますか?お寺や神社に寄り道をしてみたり、河原で昼寝をしてみたり、ましてや目的なんかなくってもいいんです。
旅のみちのりは自由自在、それぞれの冒険に出かける。自転車の本来の楽しみ方とも言えるでしょうし、それが自転車旅(ツーリング)の何よりの魅力です。


ツーリングにおすすめの自転車

クロスバイク・ロードバイク・MTB・ミニベロなど自転車には色々な種類があります。旅に使う自転車はこれでないとダメという決まりはありませんが、その中にはツーリングに適した自転車もあります。
距離や装備にもよりますが、旅に使う自転車はタイヤ幅が30mm以上が望ましく、キャリアやより多くのボトルが装着でき、荷物を積んでもふらつきにくく、長旅での疲れが軽減される構造になっているのが特徴です。
ランドナーやスポルティーフと呼ばれる伝統的な自転車に始まり、海外での本格的な長距離ツーリングということなら頑丈なMTB、国内であればツーリング専用モデルは勿論のこと、シクロクロスバイクやグラベルロード(荒れた林道も走行可能なロードバイク)などもおすすめです。


ツーリングにおすすめのパッキングアイテム

ツーリングでは身体に直接負担のかかるバックパックなどの使用はおすすめしません。車体に荷物を積載できるバッグをおすすめします。
キャリアの左右に取り付けるお馴染みのパニアバッグに加え、軽量かつキャリア無しでの装着を可能とする“バイクパッキング”と呼ばれる大容量サドルバッグやフロントバッグ、フレームバッグなどがあります。

 

キャリア+バッグスタイル

宿泊が続く長旅ではどうしてもたくさんの荷物を積載する必要があります。そんな場合にはキャリアの左右に取り付けるパニアバッグが便利です。
前輪と後輪、それぞれ左右にバッグを取り付けることができ、最大4つのバッグで荷物を運ぶことが出来ます。容量は一般的に20L〜30L、大きいものだと40Lほどです。

 

バイクパッキングスタイル

キャリアそのものも重さとなる前述のスタイルに比べ、軽量で作られたバッグを車体に直接装着することにより、走行の軽快さをできるだけ損なわないようにするスタイルです。
大型サドルバッグ・フロントバッグ・フレームバッグを組み合わせれば30Lほどの容量になり、季節や天気が良ければ数日間のツーリングが可能です。


キャンプツーリング(バイクキャンピング)

従来のサイクリングにアウトドアの要素がプラスされた旅、キャンプツーリング(バイクキャンピング)をご存じですか?
キャンプグッズを自転車に積んで、大自然の中でテント泊や野外クッキングを楽しむ。速さという要素のみに捉われてはいけません。無理な距離を設定しなくてもいいんです。
キャンプの楽しさをも含めた欲張りなサイクリングスタイル、これこそちょっと贅沢な自転車旅(ツーリング)だと思います。

 

装備(必要なアイテム・道具)

キャンプツーリングには、通常のサイクリングでも必要なメンテナンスキットに加え、テント・調理器具・寝袋・洗面用具・ウエアといった多様なアイテムが必要です。

自転車は車のようにたくさんの荷物が積めるわけではありません。快適な自転車旅をするには荷物を厳選し、軽くすることがポイントになります。
写真は厳選した荷物の一例。車体のふらつきを防ぐため、重いものを下に入れ、バッグの中に隙間ができないように詰め込むのがパッキングのコツです。

①シュラフ②軽量ダウンジャケット③スリーピングマット④テント⑤グラウンドシート⑥ツナ缶⑦パスタ⑧調味料⑨ウォーターボトル⑩輪行バッグ⑪クッカー⑫コーヒーミル⑬コーヒードリッパー⑭エマージェンシーシート⑮マグカップ⑯メンテナンスキット⑰ハンギングチェーン


林道(グラベル)ツーリング

舗装路(アスファルトで整備された道)を走るだけがツーリングじゃありません。時には定番のルートを外れて林道(グラベル)に行きたくなることもあります。
荒々しい山道なら太いタイヤのMTBで走るのが望ましいですが、よくならされた林道や砂利道ならタイヤ幅33c~45c程度のツーリングバイクでも走行が可能です。
タイヤの細いロードバイクではなかなか走ることのできない未舗装路にも入っていけるツーリングバイク。その万能性は、幼い頃に未知なる場所を探検しながら感じたようなドキドキとワクワクをもたらしてくれます。
大人をこんな冒険に導いてくれる相棒って、他には思いつきません。

スピードだけを重視していたら気づかずに通り過ぎてしまう脇道があります。ひとけのない静かな林の中で、自分の弱さと向き合ったり、意外なたくましさを発見したり。
そんな時間が人生には必要なはずなのに、慌ただしい日常ではとても貴重ですよね。でも、非日常の世界って案外近くにあるものです。

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ