BLOGブログ

【日曜サイクリング】初出しグラベルコースと1DAYサイクリングからキャンプサイクリングまで使い勝手自由なハンドルバーバッグ!【FAIRWEATHER / フェアウェザー】HandleBarBag / ハンドルバーバッグ

2017.02.26 BLOG , FAIRWEATHER , グラベルロード , サイクリングレポート , シクロクロス , ツーリングアイテム , バイクパッキング

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。

今朝はもちろん日曜サイクリング!行ってきましたよ~

今回は新開拓のグラベルコースという事で8時30分に市原ローソン集合!

いつもと違うシクロクロスのレースの様なマッドなグラベルで新鮮に楽しめました~道中では、川を渡ったりちょっとしたアドベンチャー要素も有り、今回のコースは今後もヘビロテになりそうな予感です。

もちろん、走って走って登り切った後はコーヒータイム!お互いの自転車を試し乗りしたりと自転車談義に花を咲かせながら休憩しました!休憩した後は、ラストスパート頑張って無事終了~僕らはお店へ向かい、何人かのお客様はそのまま別のルートに行かれたようです。


 

今回のサイクリングでは皆さん様々なバイクパッキンググッズを使用していました~定番のFAIRWEATHER SEATBAGも世代別でそろい踏み、以前ブログでも紹介したPorcelainRocketもあったりと様々でした~全体的にサドルバッグが多めでしたが今日、一番気になったのはやっぱりコレ!


1DAYサイクリングからキャンプサイクリングまで使い勝手自由なハンドルバーバッグ!【FAIRWEATHER / フェアウェザー】HandleBarBag / ハンドルバーバッグ

【FAIRWEATHER / フェアウェザー】HandleBarBag / ハンドルバーバッグ

販売価格¥12,000+税

サイズ:縦18cm、横幅:29cm〜56cm、奥行き:約23cm(アクセサリーポケット装着時のサイズ)
容量:メインバック:6L〜10L、アクセサリーポケット:3L

メイドインジャパンの安定したクオリティとかゆい所に手が届く使い勝手の良さ、それでいてリーズナブルな価格設定が魅力のFAIRWEATHER、当店でもSEATBAGは以前から定番商品ですがコチラのハンドルバーバッグもオススメのバッグの一つです。

実際にバイクパッキングでツーリングに行く時などはサドル・ハンドル・フレームと加重を分散させて荷物を積んだ方が安定性や取り出しやすさ的にもベストです。

また、普段のサイクリングなどの際にもサドルバッグは容量の増減がしやすい・ハンドルバッグは安定感抜群など使い方と荷物に合わせてピッタリのバッグを選んで使う事をオススメします。

今回ご紹介するハンドルバーバッグはメインのコンパ―トを左右どちらからでもアクセス可能なロールバッグタイプに。チャックタイプと違って防水性に優れ、荷物の容量に合わせてバッグの大小を調整可能に、少ない荷物でもバッグ内でがたつき難く便利です。

メインポートの上部には出し入れのしやすいアクセサリーポケットを配置。メインポートと違ってチャックタイプでアクセスしやすく、スマホや財布、食料品といったパッと取り出したいものを入れておくと便利です。アクセサリーポケットをめくるとマップケースも付属、ツーリング中のマップ入れとしてはもちろんスマホ入れとしてもOK。

そして、裏技としてメインポートとアクセサリーポケットの間に脱いだジャケットや寝袋等の荷物を入れてベルトで挟むという使い方もアリ!バッグに入りきらない荷物や出し入れの面倒くさいジャケット等はココに挟んでおけばOK!


FAIRWEATHERのバッグと言えばSEATBAGが定番として有名ですがハンドルバーバッグも使いやすさや価格の面ではとてもオススメです。サドルバッグと組み合わせて使うのはもちろん、単体で1DAYサイクリングにもオススメですのでバイクパッキンググッズをお考えの方は是非一度ご覧ください!

ハンドルバーバッグはハンドルの幅や形状、ブレーキレバーによっては取り付けが難しい場合もありますので気になる方はSTAFFまで一度ご相談ください。

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。
京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ