BLOGブログ

今日は”芹生峠”~”旧花脊林道”へサイクリングしてきました。

2017.12.10 BLOG , サイクリングレポート

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。


毎週日曜日に行われております、当店主催の「日曜サイクリング」(12月の予定はコチラ)

京都の北山はこの時期からそろそろ凍結が始まりますので、本格的な冬がやってくる前に峠を走っておこうという事で、花脊峠よりもキツメと評判?の

”芹生峠”~”旧花脊林道”ルートへサイクリングしてきました。

路面はがガレており、勾配もキツイ芹生峠。

山の頂上に近づくにつれてドンドン気温が下がり雪景色へ。それに反して吹き出す汗と共に体温と息はドンドン上がっていきます。

まるでオーラのように身体から湧き出る蒸気がその雰囲気を物語っておりますね。

”ガレたアスファルトの芹生峠”~”林道区間の旧花脊峠”といった今回のルート。

僕たちは折角なので、評価高いグラベルロード【GT GRADE CARBON 105 & TIAGRA】の試乗車でトライしてきました~★(試乗車の案内はコチラをクリック)

【2018】GT(ジーティー) GRADE CARBON 105(グレード カーボン 105)

定価¥288.000-(税別)⇒当店販売価格¥273.600-(税別)

【2018】GT(ジーティー) GRADE CARBON TIAGRA(グレード カーボン ティアグラ)

定価¥228.000-(税別)⇒当店販売価格¥216.600-(税別)

流石のGTらしい逞しい剛性感と、MTBトップブランドらしい林道区間における抜群のトラクション効果&路面からの振動吸収性。

色々とインプレッション出来ましたので、また詳しいインプレをブログにさせて頂きますね。PS:ブログアップが待てない方は是非店頭まで聞きに来てください!(昨今便利極まりないネット情報ですが、結局の所どう考えても”現場の生の声”には叶いませんからね!”

きつい峠にさっきまであれほど温まった身体。しかしながら頂上で汗で濡れたウェアを着たまま休憩していると急速に体温が下がってしまいます。

ヒルクライム時など負荷をかけて走る時は薄着でなるべく汗をかかずにしたい。

息が上がらない緩い区間ではしっかり防寒したい。

という事で、今日は今回のサイクリングに当店スタッフが実際に使用していた

冬のサイクリングに便利なグッズをピックアップしてご案内★

【TIMBUK2 / ティンバック2】RAIDER BACKPACK/レイダーバックパック

販売価格:¥10500+税

後々のウェアによる汗冷えの事を考えるといくら速乾性高いハイテクウェアだとしても、なるべく汗はかきたくないものです。きつい区間ではやはりある程度の薄着が宜しいかと思います。

しかし後々はおるアウターウェアを収納しておくにはやはりバッグは必須。

このバックパックはサンフランシスコ発の老舗バックブランドTIMBUK2の容量18リットルながら重量わずか0.35kgと超軽量に仕上がった当店の定番バッグ。

両サイドに設けられたメッシュポケットは自転車乗車中でもアクセスしやすく、デジカメや携帯電話など小物類を入れておくのにとっても便利。背面は蒸れ防止のメッシュ加工されております。詳しいインプレはコチラ

【RawLow Mountain Works】Bike’n Hike Bag(バイクンハイクバッグ)

価格:¥16.000-(税別) ※Turquoise Blue / PAPERSKY Editionのみ¥16,500(税別)

先日のブログ、”冬場のかさばるジャケットもバッチリ収納!!大型サドルバッグ各種取り揃えてますよ~”にもある通り、当店が自身をもってオススメする自転車アイテムの代表と言えば”バイクパッキング”

ある程度の容量を持つバッグを、キャリアを介さずにバイクに直接取り付ける事で”軽快な走行性能”を極力失わずに荷物を運ぶ事が出来る、”新生代のバイクツーリングスタイル”を象徴するアイテムでありましょう。

その中でもいつも予約段階で売り切れてしまうほど大変人気高いのが、このバックパックにも変形するBike’n Hike Bag(バイクンハイクバッグ)

タフながらも他のブランドにはないカジュアルな雰囲気の素材を使用しているのもポイント◎

【RAL LOADER / ラルローダー】 EM LOADER (エンファシス・ローダー)

販売価格:¥4.900-(税別)

ある種デッドスペースともいえるフレームの内側の空間を活かした”フレームバッグ”。ペダリングの干渉を防ぐべく薄型にせざるを得ませんが車体の中央に荷物が積載されることにより荷物を積んでも前後の重心バランスが崩れにくく乗車フィーリングに影響されにくくあります。

詳しいインプレはコチラ

【GIRO / ジロ】AMBIENT TOE COVER

販売価格¥2800+税

ちょっとポケットに忍ばせておくと便利!この時期あるのとないのとではサイクリング中におけるポテンシャルに大きな差が出ます!ご存知トゥーカバー。

耐水耐風ネオプレン生地につき、お手軽ながら高い防風・防水性が得られます。

詳しいインプレはコチラ


KONA WHEELHOUSEに乗って颯爽と林道をパスするKさん。もうすぐやって来る2018モデルの試乗車が待ち遠しい!

追記:【 KONA/ コナ 2018 】オススメモデルの試乗車x6台が到着しましたよ!!


【 ★ツーリング / 通学 バイク & アイテム充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店はこんなショップです。↓

サイクルショップeirin丸太町店

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL  075-231-3598
marutamachi@cycle-eirin.com

月~土 10:00~21:00
日   12:00~21:00
定休日 不定休

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都市内でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用、また通勤用といった初心者向けのスポーツバイクをはじめ、長年中古スポーツサイクルの再生~販売もさせていただいており、国内で入手し難いマニアックなイタリア製バイクや、オーダーメイドなどの取り扱いも積極的に行っております。

スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、”スポーツバイクメインのショップは入りにくい!”というご意見が多い中、一般車の修理もしっかり対応しており、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、毎週行われるサイクリング会をはじめお客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

◆中古自転車、中古部品の買取承っております◆

◆通信販売(オンラインショッピング)◆

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ