BLOGブログ

最近海外でかなりの流行を見せている

”バイクパッキング”

正直むちゃくちゃかっこいい上に機能的で理にかなっており、一大ブームの兆しを見せているのも納得。

が、”バイクパッキング”とは何ぞや!!

という方が大半でしょう。

バイクパッキングは従来の重たい金属のキャリアやパニアを使うことなく、その上、出来るだけの軽量素材で作られていることが大きな特徴ではないでしょうか。

FullSizeRender

このとおり一切キャリア、パニアバッグを使っていませんが二泊は余裕で出来るくらいの荷物を持ち運べます。

しかもキャリアやパニアといった比較的重めなパーツを一切つける必要がなく、かなり軽量な状態でロングライド、ツーリング、自転車旅が出来るのも大きなメリット。

また、上画像のように、フロントバッグ、フレームバッグ、サドルバッグとバッグ自体が分類化され、走る距離によって、バッグ自体を使い分けてやる事が出来るのもバイクパッキングの利点ではないでしょうか?。

~バイクパッキングに関する他のBLOGはコチラ~

IMG_1649

“Fairweather Handle Bag”

またフレームの内側やハンドルの内側、サドルの下など簡単に言えば自転車の「デッドスペース」を上手く活用して作られており、その上複数のストラップやバックル類を使い、しっかりと締め上げて自転車にバッグを固定するようになっているのでダンシングする際などペダリングやダンシングをする際や、自転車を取り回す際も荷物の重量以外はほとんど違和感なく自転車に乗れます。

IMG_1652

“Fairweather Frame Bag”

つまり、ツーリングバイクに限らず、バッチバチにレーシーなロードバイクや一切キャリアダボの開いていないシクロなどにももってこいなパッキング、ツーリングスタイルというわけなんです。

またバッグ類の固定力がしっかりしているのでグラベルライドや山サイといったダートライドにもバッチシ。

これから暖かくなるので山キャンプライドなんかしてみても面白そう。

輪行する際も片手に自転車、片手に激重パニアなんて苦行状態にならずに済むのもウレシイ、、

ちなみにサドルバッグの中にしまうだけではなく、外側にカラビナなど使って色々引っ掛けて持ち運び出来るのもツーリングにはウレシイところ。

IMG_1651

IMG_1650

“BlackBurn Outpost Seat Pack”

BlackBurnのこのサドルバッグはストラップ二本を使って締め上げるのでかさばりがちな輪講袋などを上の写真みたく括り付けることも出来ます。

実際僕は去年自転車旅をした時、リアにFairweatherのサドルバッグをつけてフロントのみパニアバッグというフロント加重スタイルで行きましたが、リアの大きめサドルバッグは泥除け代わりにもなり、非常に調子良かったですね。

IMG_1653

↑まさにこんな感じでパッキングしていました。

とまあ下手な文章でしたが、少しでもバイクパッキングの魅了など伝わったでしょうか?

是非今年の春の素晴らしい自転車ライフでの参考にしてみてください。

お店には写真に載せきれないくらいいっぱいバッグ類ありますのでチラ見でも大歓迎ー!!

ではでは。

*今回の商品に関しましては是非、eirin丸太町店⇒コチラまでお気軽にお問い合わせ下さいませ!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

通信販売 webstore ↓

↓買取↓

↓各種SNS↓

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

株式会社エイリン サイクルショップEIRIN 丸太町店

店舗marutamachi@cycle-eirin.com

■所在地 :〒602-0878 京都市上京区丸太町河原町西入る高島町338-2

■電  話:075-231-3598

■F A X:075-231-3598

■MAIL:marutamachi@cycle-eirin.com

■営業時間:AM10:00~PM9:00 *日曜日のみPM0:00~PM9:00

スポーツ車高価買取実施中

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ