BLOGブログ

ANCHOR伝統のNEOCOTが光るクロモリロードバイク【ANCHOR / アンカー】RNC3

2017.10.19 BLOG , ロードバイク , 中古自転車

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。


ANCHOR伝統のNEOCOTが光るクロモリロードバイク【ANCHOR / アンカー】RNC3

【ANCHOR / アンカー】RNC3

販売価格¥89800+税

サイズ:490

適応身長目安:158-164cm


ANCHOR独自のネオコットフレームが中古でお買い得に

PANASONICと並ぶ国産の大手ブランドとして名高いANCHOR、そんなANCHORの代名詞ともいえるのがこのネオコットフレーム 。

クロモリと言えば丸いパイプをラグやロウでつなぎ合わせるのが一般的ですが、ANCHORではNEO-COT”NEO Contour Optimization Theory”『新形状最適化理論』と呼ばれるクロモリパイプの端を接続する場所・使用する場所に合わせて変形させ、ラグの様な形にしてつなぐ手クロノロジーを用いる事で軽量ながら剛性を維持するという両立をして、シンプルながら特徴的なフレームに仕上がっています。

年式としては2000年台前半と思われますがRNC3に採用されている『ネオコットスタンダード』と言われるフレーム成型技術は2017年モデルでも大きな変化は見られない為、細かな仕様変更等はあるにせよ型落ちだからといった問題はフレーム性能に関してはさほど問題は無いでしょう。


少し懐かしい5500系105ベースのパーツアッセンブル

2000年代前半という事もあってパーツの構成は少々古め。9速時代の5500系105をメインにクランクのみSUGINO、ホイールは今では見る機会も少なくなったWH-R540という懐かしい感じになっています。

単純に性能のみを見ていくなら現行のTIAGRAや105で丸っと載せ替えてあげるのがベターですが、ホイールやSUGINOクランクはそのままにブレーキ周りのみカスタムして懐かしい雰囲気を残してあげるなんてのもオススメですね。もちろん、Wレバーでクラシックに組み直してあげるのもオススメですよ!


今回紹介のRNC3、下地にある品質が高いだけにパーツの交換やカスタムを繰り返していけば、非常に長ーく付き合える一台になるのでは無いでしょうか!

販売は勿論、カスタム等の相談も承りますので気になる方はお気軽にどうぞ~


【 ★ツーリング / 通学 バイク & アイテム充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店はこんなショップです。↓

サイクルショップeirin丸太町店

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL  075-231-3598
marutamachi@cycle-eirin.com

月~土 10:00~21:00
日   12:00~21:00
定休日 不定休

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都市内でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用、また通勤用といった初心者向けのスポーツバイクをはじめ、長年中古スポーツサイクルの再生~販売もさせていただいており、国内で入手し難いマニアックなイタリア製バイクや、オーダーメイドなどの取り扱いも積極的に行っております。

スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、”スポーツバイクメインのショップは入りにくい!”というご意見が多い中、一般車の修理もしっかり対応しており、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、毎週行われるサイクリング会をはじめお客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

◆中古自転車、中古部品の買取承っております◆

◆通信販売(オンラインショッピング)◆

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ