BLOGブログ

【 BIANCHI / ビアンキ 2018モデル 】ZURIGO DISC (ズリーゴ ディスク)シクロクロス入荷しました。

2017.10.15 2018モデル(NEW) , BLOG , シクロクロス

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。


緑色に近い青色で塗装されるチェレステカラーの自転車と言えば、押しも押されぬ現存する”世界最古の自転車ブランド”、【BIANCHI / ビアンキ】より~

フロントシングルSRAM APEX 1×11速コンポ仕様となった、アルミフレーム+カーボンフォーク採用のロングセラーシクロクロスモデル、「BIANCHI ”ZURIGO DISC /ズリーゴ ディスク”」2018モデルが入荷しました★

【 BIANCHI / ビアンキ 2018モデル 】ZURIGO DISC (ズリーゴ ディスク)シクロクロス

販売価格:¥168.000-(税別)

>>メーカーサイトはコチラ

■フレーム:アルミ PF30
■フォーク:カーボン
■ブレーキ:SRAM DB-BLBG-7R-A1メカニカルディスクブレーキ
■シフター:SRAM APEX
■クランク:SRAM S350-1 40T 170MM
■リム:ALEX
■カセット:SRAM PG1130 11/42
■変速:11SPEED
■ディレーラー:F/  R/SRAM APEX
■タイヤ:KENDA HAPPY MEDIUM 700C X 32C
■サドル:SAN MARCO SQUADRA DYNAMIC OPEN
■サイズ別適合身長:
490mm/158cm~175cm
520mm/168cm~180cm *画像のサイズです。
550mm/175cm~185cm

>フレームジオメトリーはコチラ

マットチェレステカラーMatt CK16が美しいビアンキのアルミフレーム+カーボンフォークを採用したシクロクロスモデル「ZURIGO」。

道路の段差越えなども気にならない700x32Cタイヤ、雨の日含め全天候で安定した制動力を発揮するディスクブレーキを標準装備したシクロクロスベースとして設計・仕様は、普段使いの街乗り~サイクリング、荷物を積んでの長距離旅行と様々に活用できるビアンキのロングセラーモデルです。

2018モデルからは、より軽量且つチェーン外れなどのトラブルを回避し、更にはシマノコンポよりも更に軽いギア比の選択を可能とする、SRAMのフロントシングル仕様「APEX1x11SPEED」が採用されブラッシュアップされて再デビューしてまいりました!


■軽量且つ高剛性、耐久性高いトリプルバテッドアルミフレーム+カーボンフォークの説明

フレームは、グラベルライドやシクロクロスレース、ロングツーリングなどタフな使用を視野にいれるべく、耐久性重視の6000アルミ仕様。また軽量化へ貢献するトリプルバテッドチューブが採用されております。

路面からの振動吸収性を狙うゆったりとしたカーブを描くトップチューブは裏側が面加工され、シクロクロスレースや、足場の悪いコースで車体を担ぐ際、フレームが肩に食い込みにくく担ぎやすいようにする配慮がなされております。

ヘッドは、ブレーキング時、コーナリング時における剛性アップが期待できる1.1/8″-1.5″テーパーヘッド規格が採用。

またヘッドチューブを支えるトップチューブ、ダウンチューブともに外径を大きくして、より高い剛性面を確保しております。

リアブレーキワイヤーはダウンチューブの中を通るインターナル仕様となっており、ワイヤー泥詰まりを回避。

全体を邪魔せずともチラリとアクセントになるダウンチューブ裏のターゲットマークが隠れたオシャレですね!

またリア変速ワイヤーはトップチューブ上を通ります。

変速アウター受けが更にもう一つ用意されている背景には、フロントダブル仕様へのカスタムも視野にいれた配慮でありましょう。

精悍な印象を持つストレートフォークは路面衝撃吸収性高いカーボン製。

ストレート形状により踏み込んだ瞬間にクイックな加速として感じられライダーの生み出すパワーがダイレクトに伝わります。

エンド部にダボ穴はあり、フォーククラウン上にも穴が開いておりますのでフェンダーの取り付けもOKです。

リアエンド・シートステー上にダボ穴が用意されますので、リアキャリアの取り付けもスマートに対応。

シートステーブリッジ、チェーンステー上ブリッジ上にも穴があいておりますのでもちろんリアフェンダーの取り付けもOKです。


■シクロクロス~グラベルロードにおける最先端トレンドともいえるSRAM APEX 1×11スピード(ワンバイイレブン)コンポをベースとした各パーツ説明

MTBの分野ではすっかりスタンダードな規格ともなっております、フロントシングルスピード仕様。

林道や砂利道、シクロクロスレースなど、ダートコースでのチェーントラブルを回避すると同時に、チェーンリング、フロントディレーラーなどを無くすことによる軽量化&コストダウンによるその使いやすさは、本カテゴリーの分野においても昨今注目度の高いトレンドであります。

 

スプリングテンションの高いSRAMリアディレーラーに加え、フロントギアの歯を薄厚を交互に配置する事で、ダートコースにおけるチェーン外れを回避。

またリアスプロケットには、11SPEED、11-42T仕様。フロント40Tとの組み合わせでshimanoコンポにはない選択肢の軽いギア比0.952、、、を用意。

荷物を積んだ際のヒルクライムや、ダートコースでの登りなどお尻をつけたままのペダリングにおける路面トラクションへの期待大。

ディスクブレーキには、軽量且つ確かな制動力を持つ「AVID BB7」が標準装備。

工具不要で操作可能な左右パッドの調整ダイヤルが用意されローターとの間隔微調整も簡単。

またレバーの引きしろも非常に軽く、ライダーの指の疲労を軽減します。

この辺りの部品構成に手を抜かない、「必要な部分にはしっかりコストをかけ性能をダウンさせない配慮」はビアンキらしいポイントです。

実はビアンキが世界最古のスポーツバイクブランドである理由の一つにはこういう部分にもあるのではないでしょうか?

タイヤには、センターノブを低め、サイドノブ高めというデザインが、舗装路~固まった土面、砂利道、草原など、ハードな泥コース以外のあらゆるしシチュエーションで活躍してくれる、KENDA「HAPPY MEDIUM PRO700x35C」が採用。

ワイヤービード採用の廉価モデルですので、より軽い走りを求められたい方はカスタムをお勧めします。


彩度高いチェレステカラーが素敵なZURIGO DISC 2018モデル。

泥などが付着したり、多少キズがついたり、使っていくほどに馴染む”使用感”が出てきてからも、更に格好良くなっていきそうですね!

前述にもありましたが、

シクロクロスコンペへの参加はもちろん、普段使いの街乗り~サイクリング、荷物を積んでの長距離旅行、あらゆる環境で活用してくれるビアンキのロングセラーモデル「ZURIGO」。

店頭に在庫しておりますので、ご興味ある方は是非一度チェックしに来てくださいね!


【 ★ツーリング / 通学 バイク & アイテム充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店はこんなショップです。↓

サイクルショップeirin丸太町店

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL  075-231-3598
marutamachi@cycle-eirin.com

月~土 10:00~21:00
日   12:00~21:00
定休日 不定休

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都市内でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用、また通勤用といった初心者向けのスポーツバイクをはじめ、長年中古スポーツサイクルの再生~販売もさせていただいており、国内で入手し難いマニアックなイタリア製バイクや、オーダーメイドなどの取り扱いも積極的に行っております。

スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、”スポーツバイクメインのショップは入りにくい!”というご意見が多い中、一般車の修理もしっかり対応しており、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、毎週行われるサイクリング会をはじめお客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

◆中古自転車、中古部品の買取承っております◆

◆通信販売(オンラインショッピング)◆

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ