FEATURE特集

僕たちが【 KONA / コナ 】ブランドを購入したその理由

PRIVATE JAKE (2016キャンプサイクリングにて)

JAKE THE SNAKE(2018年関西シクロクロスにて)


僕たちが【 KONA BIKES / コナ 】ブランドをリアルにオススメするその理由

常連さんの方はご存知の方も多いと思いますが、当店スタッフKONAユーザーが多いですね。(因みにパナソニックオーダーも多いです。)

本ブログでもよく登場する当店屈指のオススメブランド「KONA / コナ」ですが、ただ単にお店からオススメ~と言っているだけでなく、実にコレは最も分かりやすい!

実際皆さまと同じくスタッフ自身も”お金”を支払って購入した経験を持ちますが故、要は”本当にオススメ”なのです!

因みに既に退社した二人のスタッフもROVEユーザーでありましたね!(二人とも元気にしてるかな!?)

今日はそんな当店スタッフ内屈指の人気ブランド「KONA / コナ」を何故オススメするのか?を”実際に購入した者の身”としてご案内します!


インプレなど【 KONA / コナ 】関連ブログはコチラ

カナダ・ノースショア発MTBやシクロクロスの分野で有名なブランドKONA。 現在メインの本社機能はアメリカオフィス側にあり、バンクーバーオフィスはカナダ国内の営業拠点となっているそうです。

KONAのスピリットは、技術を突き詰めるのではなく、常にライダーの声を形にすること。それはレースでの勝利を目指すだけではなく、ライダーそれぞれの走り、そして生き方に寄り添ったバイクを作るということです。だってKONAのスタッフはみな、それぞれの走りのスタイルを持つライダーだから。だからこそ自分たちの欲しいバイクを、それを作る外国の工場の人にも確かに伝えられ、そしてその想いをKONAのライダーとなるみなさんにも伝えられるんです。それがKONAです。(ブランドホームページより引用)

正直我々が声を挙げる事の前に既にこの紹介文に全て要約されているような気もしますが、我々が実際にコナユーザーになった理由の大きな一つには、この文に現れるそのスピリットが「商品そのもの」、そして「そのブランド展開」に感じられたからだと思います。

UNIT-X(日曜サイクリングにて)


僕たちがKONAを選んだそのポイント

●#1 他大手ブランドの一歩先を行く、王道(スタンダード)とは一味違ったマニアックな仕様・スタイルが落とし込まれた数々の商品展開。

●#2 大手ブランドと遜色ないコストパフォーマンスの高さ

日本国内で購入できるブランドは数あれど、上記ポイントであるこの実に相反する二つの要素をこれほど高次元で両立しているブランドが他にありますでしょうか?

皆様もご理解できるかと思いますが、

#1の時にマニアックと一言で済まされるようなニッチな仕事というのは、

【例えば、シングルスピードへのカスタムを可能とするUNIT-Xのスライダーエンドや、ROVE LTD/ROVE NRBの650Bホイール採用のロードバイク、29ERMTBタイヤを装備したアドベンチャーツーリングバイクSUTRA LTD、そして圧倒的な荷物積載を可能とするロングテールバイクのUTE! などなど*2018モデル期】

いままでのスポーツバイクブランドの王道(スピードの追究)とは違う=自転車をリアルに楽しむ人・自転車生活を更により良くしたい方こそが欲するものが故、おのずとマーケティングが狭くなるもの。

それは結果、売れる台数に限りがある為少数生産体制となり、一台あたりのコストアップ⇒販売価格の高騰にならざるを得ません。

SUTRA LTD(日曜サイクリングにて)


一本一本オーナーそれぞれの要望に応じて手作りを行うハンドメイドブランド等は別として、中身ではなくプロモーションを強化し販売価格をアップ、そしてそのような雰囲気をいとも簡単に提案するブランドは他に多々あれど(そのやり方はもはや特別なものでないのでは?)、

KONAというブランドは、#2にあるように(決して仕様パーツの選定をランクダウンさせる事も無く)大手ブランドと変わらない高いコストパフォーマンスを保持し続けながらも、自転車をただの移動の道具として見るだけでなく ”より良くする為・楽しむ為・長く付き合う為”に喜ばしいその規格やモデルを提案しています。

その展開の裏側には、決して他社(ブランドの大きさに関わらず)には出来ない類稀なる隠れた企業努力というものが絶対にあるはず。

KONAというブランドはそれこそ前述にあった紹介文面内容をリアルに実践する”唯一無二なブランド”であるように思います。

結果そのスピリット自体が何より”他にはないオンリーワンな立ち位置”=”ブランドとして格好良い”。そういう考え方があっても良いのではないでしょうか?。

かのMTBの生みの親「JOE BREEZE」も言ってますよね?”最新の素材やお金をかけた自転車が最高の自転車ではない”って。

素直に作り手の意図・想いが感じ取れるその価格設定含めた販売形態・スタイルは、特別大きなプロモーション(宣伝)がなくとも

●#3  ”より良い自転車ライフスタイル”を目指すブランドイメージ

として我々のハートをロックオン! どんな時でも”等身大”で付き合っていけるその懐深さにリスペクト⇒ファンとなり、実際に自身購入した一人となったのだと思います。

(話は変わりますが、OMMイベントでKONAユーザーが圧倒的に多かったのはそういう事も関係あるのかもしれませんね)


<<KONA 2018モデル オススメモデル>>

【KONA / コナ 2018 】ROVE LTD(ローブLTD)

完成車定価:¥386.000-(税別)⇒当店販売価格:¥366.700-(税別)

フレームセット定価:¥118.000-⇒当店販売価格:¥112.100-(税別)

国内展開サイズ:48.50.52.54(54はフレーム取り扱いなし)

【KONA / コナ 2018 】ROVE NRB DL(ローブNRB DL)

定価¥234,000-(税別)⇒当店販売価格:¥222,300-(税別)

国内展開サイズ:48.50.52

*画像フレームサイズ52

【KONA / コナ 2018 】ROVE ST(ローブST)

定価¥165.000-(税別)⇒当店販売価格:¥156.750-(税別)

国内展開サイズ:48.50.52.54

【 KONA / コナ 2018 】 UNIT X / ユニット エックス

定価:¥136,000-税抜⇒当店販売価格:¥129,200-税抜

国内展開サイズ:S.M.L

【 KONA / コナ 2018モデル 】SUTRA LTD(スートラLTD)

完成車定価:¥229.000-(税別)⇒当店販売価格:¥217.550-(税別)

フレームセット定価:¥75.000-⇒当店販売価格:¥71.250-(税別)

国内展開サイズ:46. 48.5 52. 54(54はフレーム取り扱いなし)

【 KONA / コナ 2018モデル 】WHEELHOUSE / ホイールハウス

定価:¥217,000-(税別)⇒当店販売価格:¥206,150-(税別)

国内展開サイズ:49. 52. 54

KONA/BREEZER/JAMIS/ALAN/HANDMADE BRAND etc

=新しいロードバイクのスタイル=

グラベル・アドベンチャー・オールロード・ツーリング・シクロクロス etc

はサイクルハテナ(丸太町店別館)まで是非!

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ