FEATURE特集

”走りの変化を楽しもう!” 走行性にダイレクトに繋がる「タイヤカスタム」

先日、各スタッフに”初めて行った自転車カスタムパーツは何?”という問いかけを行った所、面白いことに自分ふくめ5人中4人が「サドル」という答えが返ってきました。

ママチャリ~スポーツバイクに乗り換え、”その格好良さ・走りの気持ちよさ”に感動を受け、元々こういう事が好きなのでありましょう次には”何かいじりたい”ってなった時、まず思い浮かんだのが、身体の中でも最も振れる面積の広い、また見た目として変化の出やすい「サドル」にまずは注目したのでありましょう。因みに僕はそれが、「BROOKSのB17レザー」だったのを良く覚えております。


さてさて、少し話はずれますが~今日はこんなお話です。

初めてのカスタムにもおすすめ!! ”走りの変化を楽しもう!” タイヤ交換のメリット

「タイヤ」を、ただ自転車が動く~転がる上でのみ必要なパーツ=消耗品程度(すり減ったらパンクしたら交換するだけ)であるに過ぎないとお考えの方は、自転車の性能~走りの変化を知る・楽しむ上において非常に勿体なくあります。

クロスバイク・ロードバイク・シクロクロス~グラベルロード etc、、、スポーツバイクに限らずママチャリでもそうなのですが、

「タイヤ」は、実はむしろフレームやコンポーネントを選ぶ事よりも大事&走りの変化に大きく影響します。

パンクしずらい・長持ち・乗り心地が良く疲れにくい・軽くて登りが速い・グリップ力が高くコーナリングでも滑り難いetc、、、自転車走行性能において切っても切れない関係性をもつタイヤ部。

ただ単にすり減ってパンクしたから交換というわけだけではなく、様々な使用状況に応じ、性能面、幅、トレッドパターンなど、タイヤのチョイスを変えてあげれば、まるで”違う自転車”に乗ったような楽しみ・メリットが味わえますよ!?

・・自転車の性能に大きく影響する「タイヤ」その理由・・

それは何故かと理由を言いますと、

「走る」「曲がる」「止まる」自転車走行におけるすべての行動は、最終的に”唯一路面に触れているタイヤ”が、行っているからです。

想像してみましょう。単純に、仮にタイヤが地面と触れず浮いている状態だとしたら?

いくらコンポがデュラエースだろうが、カーボンフレームだろうがクロモリフレームだろうが何だろうが、剛性がなんだとか、しなやかだとか、所謂その性能~効果は、ルックス以外一切何もないのですね。

「自転車が前に進む=”路面”をタイヤが転がる」という構造である自転車。

●転がりの軽さ⇒登りや加速性に影響

●路面追従・グリップ力の高さ⇒パワー伝達性やコーナリングの安定性に影響

●しなやかさ⇒路面からの衝撃を吸収し、ライダーの疲労を軽減

●パンクのし難さ⇒修理トラブルを回避

●耐久性の高さ⇒維持費削減

と、

フレームやコンポーネントといった機能性能、路面からの衝撃を吸収し疲労を軽減する事、またその自転車自体を維持していく事を、生かすも殺すも結局のところ、”唯一路面と接地するタイヤ”なのであります。


・・完成車の多くがコストダウンされている「タイヤ」・・

クランクやホイールまでSHIMANO製を採用したコスパ高いパーツの標準装備、飽きの来ないその伝統的なロゴデザイン・フォルムから、長年高い人気を持つイタリア老舗ブランド「GIOS」のクラリスコンポ採用クロモリ完成車「FENICE」*当店販売価格定価より10%OFF

ホイールをshimano R501、クランクもshimanoとブレーキキャリパー以外全てをshimano採用しながらも、そのお求めやすい価格・ルックス、所謂ロングセラーとなりうるだけあって、トータルバラスとしての内容はやはり素晴らしく、”まずロードバイクというモノに携わっていきたい”という初心者の方にもオススメのロードモデルです。

しかしながら、定価8万円台というそのお求めやすい販売価格を実現すべく、”コストダウンせざるを得なかった”所に、タイヤがあります。

標準スペックのVITTORIA(ビットリア)のザフィーロワイヤービード700x25C(350g)は、流石に定価¥2.000-(税別)というだけあって、耐パンク性能や耐久性・グリップ力はほどほどに、

●SUPPLES(しなやかさ)●SPEED(速度)●WEIGHT(重量)は、ビットリアロードバイクタイヤラインナップ中最も低い数値であり、所謂耐久性や安全性以外の、”速く・乗り心地良く疲れ難くする等、「どのように走るか?」の為の性能は二の次” ⇒ まずは”ロードバイクに乗ってもらうため”のタイヤなのであります。

例えば、350gの本タイヤを後述にありますPANARACER RACE L(25c:200g)に交換すると150gx2本=300gの重量減。

出だしの加速性や登りのスピードアップ、そのカスタムは費用対効果でみても非常に大きいものです。(他のパーツでこの重量を軽減しようとすると~万円とかかります)

このように、実は各メーカーの完成車の多くが「よりお求めやすい価格」を実現すべくタイヤにおけるコストダウンが施されておる訳です。(逆に言うとあれ?定価高いなあと思う完成車は実はタイヤが良いものが標準採用されていたりしますよ?)

*例えば当店でも抜群にこちら。メインコンポ105、TRP HY/RD機械式油圧ディスクブレーキ採用で、抜群にコスパ良く人気の高いグラベルロード「GT GRADE ALLOY EXPERT 2018」に標準採用されているタイヤ:WTB EXOROSUREなどは本来ケブラービードタイプで定価¥9.800-(税別)ほどする良いものですが、完成車に採用されているものは市販されていない廉価版のワイヤービードタイプだったりしますね。(FENICEと同じくタイヤの件を差し引いてもやはり高い評価である事には間違いありませんが)

新しいバイクを手に入れた時の感動はひとしお。勿論その段階でも満足度は非常に高いものであります。

しかしながらそれはあくまでもそのバイクに携わるスタート地点に過ぎません。

そこから貴方の求める状況・性能に応じたタイヤに変化を加え、より”使いやすい・満足度の高い”一台に成長させてあげましょう!!

・・タイヤカスタムにおける効果・メリットを楽しもう!・・

●転がりの軽さ、●路面追従・グリップ力、 ●しなやかさ、●パンクし難さ、●耐久性、●幅  etc、、、タイヤ自体が自転車の性能にもたらす効果は多種多様であり絶大です。

私事ではありますが、例えば700x33Cシクロクロス用タイヤでも、滑りそうなコースではチャレンジBABYLIMUS、固めの路面がコース上で多い場合はチャレンジCHICANE、塗れた芝面が多い場合はチャレンジFANGO、普段使いの林道サイクリング等では価格も安いチャレンジCHICANE RACE等々と、それぞれの機能性をふまえ4~5種類を使い分けております。

同じメーカーの同じ33c幅のシクロクロスタイヤといっても、トレッドパターン含め、重量・耐久性・乗り心地の良さ、軽さ、価格、それぞれその特性は違うモノであり、転がり方含めその効果性をそれに応じた状況で使い分ける楽しみはとても大きなものです。

(チャレンジタイヤに関する説明はこちら)


勿論トレッドのデザインにおいては変化の少ないロードタイヤでも同等の事が言えます。

ロード用タイヤでは

●速さ・軽さ重視 、●オールラウンド、●耐久性・耐パンク性重視⇒目的:パンクトラブルの防止、ランニングコストを削減

等を視点にチョイスしていけば宜しいかと思います。

その辺りの理由は、当店でもオススメしております、かの国内最も有名なタイヤブランド「PANARACER」のグリップ力と耐パンク性能に優れたハイバランスレーシングタイヤの「RACE」シリーズでも、タイプL(軽量重視)、A(オールラウンド)、D(耐久、耐パンク性重視)とその3つの要素に合わせたラインナップをしている事でお分かりいただけると思います。

●PANARACER RACE L EVO3(目的:より速さを求めたい方、レースで勝利する為

販売価格:¥5.410-(税別)

ヒルクライムやタイムトライアルなどで威力を発揮する軽量タイプ。トレッド下部に配する耐貫通パンク素材が、「PT Belt」から「ProTite Belt」へと性能アップし、ヒルクライム以外でも安心して使える軽量タイヤへさらなる進化。(メーカより引用)

●PANARACER RACE A EVO3(目的:レース~普段使いにも。あらゆる環境で全体的な平均値)

販売価格:¥5.410-(税別)

強さと軽さのトータルバランスに優れた、あらゆるレースシーンに対応するオールラウンドタイヤ。耐パンク性に優れた「ProTite Shield」を採用し、戦闘力がアップ。(メーカより引用)

●PANARACER RACE D EVO3(目的:パンクトラブルの防止、ランニングコストを削減)

販売価格:¥6.173-(税別)

ヒルクライムやタイムトライアルなどで威力を発揮する軽量タイプ。トレッド下部に配する耐貫通パンク素材が、「PT Belt」から「ProTite Belt」へと性能アップし、ヒルクライム以外でも安心して使える軽量タイヤへさらなる進化。(メーカより引用)


勿論オススメのタイヤは本モデルだけではございません。

価格をはじめ、デザインやカラー、ブランドイメージ、トレッドパターン、重量、様々なモデルがございます。

またタイヤの幅やトレッドパターンに変化を加えれば、アプローチ出来る路面状況に変化を加える事も可能です。

例えば、PANARACERのラインナップには、通常のロードレーサーにも装着可能な26C幅 &林道・砂利道へのアプローチへも可能とするブロックタイヤGRAVELKING SK 26Cというラインナップもございます。

タイヤに限った事ではありませんが、向かう道を想像しながら、”ああでもないこうでもない”と試行錯誤しながら「愛車をカスタム」する事は、何とも楽しいものですね。

その中でもタイヤカスタムは”走行性能”に最も大きく影響するカテゴリーです。

ただ単に”金額”だけにとらわれる事なくその性能面にも着目して交換してみてはいかがでしょうか?~


【 ★ツーリング / 通学 バイク & アイテム充実しております! 】

↓京都で営業しておりますサイクルショップeirin丸太町店はこんなショップです。↓

サイクルショップeirin丸太町店

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL  075-231-3598
marutamachi@cycle-eirin.com

月~土 10:00~21:00
日   12:00~21:00
定休日 不定休

サイクルショップエイリン丸太町店は、京都市内でチェーン展開しているサイクルショップエイリングループのスポーツ車専門店です。
京都大学 同志社大学に通われる為の通学用、また通勤用といった初心者向けのスポーツバイクをはじめ、長年中古スポーツサイクルの再生~販売もさせていただいており、国内で入手し難いマニアックなイタリア製バイクや、オーダーメイドなどの取り扱いも積極的に行っております。

スポーツバイク関連商品の販売・修理を専門としていますが、”スポーツバイクメインのショップは入りにくい!”というご意見が多い中、一般車の修理もしっかり対応しており、自転車に関する事なら分け隔てなく承り、毎週行われるサイクリング会をはじめお客様と共により良い自転車生活を送る事を信条として日々営業しております。

◆中古自転車、中古部品の買取承っております◆

◆通信販売(オンラインショッピング)◆

 

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ