BLOGブログ

国内入手不可能!ツーリングに便利なラックトップバッグ!【ARKEL / アーケル】 TAILRIDER TRUNK BAG/テイルライダートランクバッグ

2017.02.20 BLOG , ツーリングアイテム , バイクパッキング , 商品紹介

こんにちわ!京都市内で営業しておりますサイクルショップEIRIN丸太町店 です。

パニアバッグ、好きなのどれでももらえるとしたらどれ?って聞かれたら迷わず答えるのがARKEL!

僕らの取り扱いでも様々なバッグブランドがパニアバッグをラインナップしていますが一番と言われるとやっぱりARKEL。完全防水とか優れた機能は持ってないけど、CORDURAナイロンを使った頑丈なボディや荒れ地でも外れ知らずなマウント等アウトドアブランドならではの考えがたっぷり詰まった良いバッグです。

そして、ARKELのラインナップでパニアと並ぶくらい好きな商品と言えばコレ!

国内入手不可能!ツーリングに便利なラックトップバッグ!~【ARKEL / アーケル】 TAILRIDER TRUNK BAG/テイルライダートランクバッグ ~

【ARKEL/アーケル】 TAILRIDER TRUNK BAG/テイルライダートランクバッグ

販売価格:¥15.960(税別)

SIZE H165mm X W319mm X D230mm
重量 660 g
COLOR BLACK / RED
容量 11リットル

画像展示カラー:レッド(上)ブラック(下)

当店でも入荷のたびに完売続きだったARKELのAILRIDER TRUNK BAG。まさかのARKELの日本代理店が取り扱い終了ということで今回の在庫で終了となりました。

(~過去の詳しいインプレはこちらからどうぞ~)

ベーシックなキャリアスタイルでのツーリングの際に意外と使っていないキャリアの天板。テントツーリングなら嵩張るテントやマットなどを括りつけたりしますが宿ありツーリングならデッドスペースになることもしばしば。そんな時にはこのバッグを天板にマウントしてあげれば積載量をプラスでき荷物に余裕が生まれます。


カメラなどの取り扱い注意な荷物を入れても安心!クッション材入りのメインボディと出し入れのしやすいフルオープンジッパー

ミラーレスなどの小型で高性能なカメラが増えてきた昨今。ツーリングにもしっかりしたカメラを持っていく方が増えていますが実際に困るのが持ち運び。

パニアの中に他の荷物ち一緒に入れておくと取り出しにくいし、かといって肩にかけたまま走るのもちょっと…単純な積載量アップというメリットもありますがメインボディにクッション材の入ったこのバッグならカメラや瓶などの取り扱い注意な荷物を入れても安心です。取り出しも上面がフルオープンする仕様なので素早くストレス無く出し入れが可能です。


長期の使用にも耐えるコーデュラナイロンと止水ジッパーで急な雨でも安心

こういったプロダクトではもはや定番になりつつある気がしますがメインの素材にはコーデュラナイロンを使用。擦れなどに強い頑丈な生地であると同時に撥水処理が施してある裏地は水の侵入を防いでくれるというメリットも。全てのジッパーは安心・安全のYKK製止水ジッパーを採用、生地の防水がどんなにしっかりしていてもジッパーからの浸水もあるだけにここは嬉しいポイント。

それでも、完全防水ではないだけにレインカバーが付属、外側のポケットに収納可能で雨の時にはサッと被せればOK。レインカバー後方にはリフレクター付きでここも安心です。


出し入れ、整理のしやすいサイドポケットとギミック付きのバッグ上部

メインのコンポートは◎ですが他の機能もバッチリ使いやすい仕様に。両サイドには止水ジッパー付きの薄めのポケットが設置されスマホや財布といった小物類をわかりやすく収納可能。

そして、差し色が覗く上部の切れ目はメインの荷物量に合わせて変化するマチに。ハンドルを兼ねるベルトには輪行袋や脱いだレインウェアなど括りつけておけたりと11リットル以上の積載が見込めます。


当店STAFFの間でも使用すると手放せなくなるARKELのプロダクト。私自身もツーリング用パニアは断然ARKELと言うところですが、惜しまれつつも日本撤退という形になりました。当店でもパニア1 TAILRIDER TRUNK BAG3と在庫も少なくなってきていますので気になる方はお早めにどうぞ~

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ