BLOGブログ

【ROYAL NORTON/ロイヤル ノートン】オーダーメイド ミキスト完成車 

2017.02.05 BLOG , ROYAL NORTON/ロイヤルノートン , ツーリングバイク

こんにちわ!サイクルショップeirin丸太町店です。

先日のBLOG⇒>>【ROYAL NORTON/ロイヤルノートン】 オーダーミキストフレーム<<で紹介させていただいておりましたフレームが、この度、完成車となりましたのでご紹介~!

【ROYAL NORTON/ロイヤル ノートン】オーダーメイド ミキスト完成車

*オーダーメイドにつき価格等はお問い合わせ下さいませ。

「ジオメトリ―」
シート:480mm(C-T)
トップ:515mm(C-C)
ヘッドチューブ:130mm
シート角:73.5度
BBドロップ:60mm
チェーンステー:435mm
ヘッド角:71度
フォークオフセット:60mm

「仕様」

ボトルゲージ台座    ダウンチューブ1箇所
フェンダーダボ    リアエンド
フェンダーダボ    フロントエンド
フロントキャリアダボ    フロントフォーク中腹
センタープルブレーキ台座    前後 *後ろは下向きへ
シフトワイヤーカップ    チェーンステー/ダウンチューブ左右
ワイヤーリード    BB裏
フェンダー隠し穴    チェーンステー/シートステーブリッジ
フロントキャリア用穴    フォーククラウン中央

*納期は約2~3ヶ月

=======================================================================================================

創業50年。日本スポーツサイクルにおいて非常に長い歴史を持つ「ROYAL NORTON/ロイヤルノートン」のハンドメイドによるオーダー・ミキスト車。

ロイヤルノートンは、国内においても最も早くからオーダーメイドバイクを提案している老舗ブランドの一つ。現代において決してメディアへの露出が多いわけではなく、派手な流行を追いかけるような事を得意とはしませんが、クラシカルでシンプルなオーダークロモリフレームをコストパフォーマンス高く製作が可能です。

>>>ROYALNORTON/ロイヤルノートンに関するBLOGはコチラ<<<

独特なフォルムながらも均整の取れた美しいフォルムを持ち、トップチューブが低くスカートでの乗り降りも楽に行えるミキスト車をオーダーメイドだからこその高い完成度で制作が可能。

フランスが発祥とされるこのミキスト車。

二本の細いトップチューブがヘッドチューブ~リアエンドまで伸びる事で、スカートを履いた女性でも乗り降りしやすく、またそも設計から低重心でふらつき難く安定した走行が可能です。

普遍的に魅力的である、各パイプを「ラグ」で繋ぐクロモリフレーム。

現在においても、もちろん所謂”それ風のミキスト自転車”は少なからず手に入りますが、綺麗なラグ付きのクロモリミキストフレームはやはり入手しにくいもの。しかしながらそこはオーダーメイドブランドであるロイヤルノートン。所謂本家本元、ビンテージバイクなどで見受けられる往年の溶接方法、ラグで繋いだクロモリフレーム(ダウンチューブ外径も28.6mmとスマートな雰囲気)のミキストフレームのオーダー製作が可能です。

埼玉県にある自社工房にてビルダー様の手により1本1本丁寧にハンドメイドで生産。

埼玉県に本拠地をもつロイヤルノートン社。 ビルダー様の自宅内の作業スペースには長年使い慣らされた冶具などが配備されており、そこから一本一本手作りで生み出されるハンドメイドバイク。やはりその行程を想像するだけでグッとくるものがありますね。

ユーザー様の希望に応じ、採寸/ジオメトリー/カラーはもちろん、細やかな仕様、規格など、世界で一台の自転車を作れる喜びは、それはやはりオーダーメイドならでは。

例えば今回のようにリアブレーキワイヤーの取り回しがよくなるよう、リアキャリパーは裏側に配置するなども注目のポイントです。

*画像は数年前に実際に現場で撮影させていただいたものです。

=======================================================================================================

使い慣らされた味のあるサドル+機能性を確保する現行のパーツで完成車へ。

今ではもう手に入らないIDEALのサドルと、ビンテージな雰囲気を醸し出すポリッシュ仕上げのパーツ類のアッセンブルが何とも格好良いですね!。

しかしながら本車体、あくまでも動作部分(駆動・制動)は決してビンテージなものを使わず、しっかりと現在のテクノロジーが落とし込まれた現行のパーツ類(勿論、動作性が昔の物より良い)で構成されており、新旧をうまくミックスした内容。

個人的には、決して気負いせずに付き合えるロイヤルノートンというブランドイメージとの相性も非常に良いかと思われます。

ブレーキレバーにはある種ギドネットレバーの進化版ともいえましょうか、【DIXNA/ディズナ ジェイクルーレバー(¥6.300-税別)】を採用。ドロップハンドルのトップ~ショルダー部の位置からブレーキングできます。もちろん通常のSTIレバーの補助レバーとしても使用可能。

また変速レバーは、【SL-7900*2/3x10SPEED】を、【DIXNA/ディズナ レバーコラムマウント(¥6.600-税別)】でステム部に。楽な位置での操作が可能となります。

もちろん、フェンダーはHONJOでクラシカルに。

また、ハブやディレーラー、クランクと駆動パーツ関連はSUNXCDを。

チェーンリングはTAを採用しております。

ブレーキはグランボア製のセンタープルブレーキをアッセンブルしております。

=======================================================================================================

オーダー受注品であり決して数万円で制作できる代物ではありませんが、しかながらやはり世界で一台しかないという付加価値は他に代用品を立てることはできません。

それを考えるとやはりオーダーメイド、一生のうち一度はトライしてみたいものですね‼︎。

フレーム単体はもちろん、完成車のみつもりも大歓迎です。

ご興味ある方は是非一度お問い合わせ下さいませ〜☆

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ