BLOGブログ

クロモリ素材と熱処理

2012.11.07 BLOG , 商品紹介

こんにちは!最近はまた一段と寒くなり、いよいよ紅葉の時期が訪れますねー!

自然の美しさを見ると、気分も高揚しますね!

さて、今回は今でもその細身のフォルムの美しさが多くのファンを魅了する自転車素材、クロモリについて少し書かせていただきます。

クロモリとはクロムモリブデン鋼の略で、鉄に少々クロム、モリブデンを混ぜた素材です。

クロモリの中にも、4130、TANGE PRESTIGEやKAISEI 8630RとPANASONICのオーダーカタログをパラパラ捲るだけで数種類の素材が登場します。また、ダブルバテッド、トリプルバデットと良く分からない言葉も出てきます。

また、よく見聞きする”HEAT TREAT”という言葉が何なのかという事も少し調べて見ました。

まず、一番多くのクロモリ自転車に用いられる”4130”とは?コレはブランドが付かない普通のクロモリで、例えばTANGEやKAISEIというブランド価値が付かないのでブランド物に比べると安価になります!4130というのは、銘柄ではなく工業規格になります!!

TANGE PRESTIGEはTANGEの高級パイプで、その独特のしなり感が魅力です。PRESTIGEは基本的にHEAT TREATという熱処理が施してあり、それによって素材を固くし厚みを薄くすることで通常より大きく軽量になっています。

しかし、PRESTIGEは他のクロモリ素材に比べへたりが早いです。そこからがPRESTIGEの大きな特徴で、通常のクロモリはへたりが起きるとコシがなくなってしまいますが、PRESTIGEは独自のバネ感が損なわれません!!つまり、ヘタった後でも”これぞPRESTIGE”という乗り後心地は変わらないということになります。そこがPRESTIGEファンを魅了する大きな魅力なのかも知れませんね。

KAISEI 8630Rはクロモリにニッケルが更に添加されたものです。

ニッケルが添加されることによって硬さ、粘り、引張強度が強くなっています。PRESTIGE同様、パイプ自体の強度を増すことで肉厚を薄くして軽量になっています。このパイプはPRESTIGEとは対照的で、クロモリながら硬めの乗り味で同じクロモリでも違いがはっきり分かります。見た目は細身のクロモリですが、アルミに近い硬さとクロモリの中でもトップクラスの軽さで、クロモリのレーシングパイプともいえます!

”HEAT TREAT”とは熱処理のことで、金属を加熱、冷却することによって硬度や性質を変化させることです。

まずは約800℃程の温度で”焼き入れ”を行い、金属自体を非常に硬い状態にします。しかし、焼き入れを行うと金属は硬くなりますが、逆にもともと持っていた耐久性が損なわれてしまい、もろくなってしまいます。

それでは硬いだけのパイプになってしまうので、”焼き戻し”という約250℃以下の低温で処理を行うことによって焼き入れで失われた素材の耐久性を取り戻します。これは焼入れによって得た硬度を出来る限り保ちながら素材に靭性(粘り性)をもたせる作業で、素材の”しなやかさ”が生まれることになります。

”BUTTED TUBE”はシングルバテッド、ダブルバテッド、トリプルバテッドと色々な種類がありますが、パイプの厚みが両端(溶接部分)と真ん中で違うパイプのことです。片端、両端のパイプの厚みが違うことで、フレームの力の掛かる部分(それぞれのパイプの溶接部分周辺)は厚く強度を増し、力の掛かりにくい部分は薄く軽量化を計った仕組みです。それぞれの違う厚みは段差があるのではなくテーパーでつながれています。通常よりもテーパーの角度を小さくすることで、テーパー部分に掛かる負担を軽減させている工夫を凝らしたパイプもあります。

シングルバテッドはパイプの片端を厚くした加工のものです。例えば太いところが0.8mmでそれ以外は0.5mmで構成されているものになります。フレームではシートチューブに使われることが多く、BB側に厚くなっている側を結合させます。

ダブルバテッドはパイプの両端を均等に厚くした加工で、0.8-0.5-0.8のように真ん中が薄くなっています。最近はどのブランドもこのダブルバテッドのパイプを多く使用しています。

トリプルバテッドはダブルバテッドと同様に両端を厚くしたものですが、厚みが均等ではなく0.9-0.7-0.5のようになっていて、ダブルバテッドに比べ、軽量化を狙ったものになります。

長々と書いてしまいましたが、自転車に使われる素材はすごく多いです!

それぞれに特徴がありいろいろな工夫がされていて、調べたらキリがありません!

しかし知っていくのは楽しいことなので、勉強あるのみですね!!

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(有)中村商店 サイクルショップEIRIN 丸太町店
店舗
■所在地 :〒602-0878 京都市上京区丸太町河原町西入る高島町338-2
■電  話:075-231-3598
■F A X:075-231-3598
■MAIL:marutamachi@cycle-eirin.com
■営業時間:AM10:00~PM9:00 *日曜日のみPM0:00~PM9:00
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポーツ車高価買取実施中

京都府京都市上京区高島町338-2
TEL 075-231-3598
月~土 10:00~21:00 / 日 12:00~21:00

お問い合わせ